2009年01月20日

最新ニュースより雑感。

とうとうオバマさんは米国の正式な大統領になりました。長かったですねー。決まってからが。

さてこれで米国だけでなく世界の景気が回復してくれるもんでしょうか。国内のオバマ支持率は前代未聞の80パーセントを越すそうです。
党派を超えて支持されてるんですって。



日本の首相と比べて大違いですね。自分の党にさえ支持されていないという、、。
消費税はやはりアップされるのでしょうか。

別館に新しい記事が付け加わりました。お出かけ下さい。続きを読む
posted by えリィ2009 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

首相もやってるクールビズ、CO2削減にあなたも協力してる?

いよいよ夏本番が近づきました。ボーナス前ということもあって、あなたのお家でも、エコ家電を買ってエコポイントを稼ごう、、などど思ってる人は少ないかもしれないけど、地球にやさしい家電製品を買って、「エコ活動」にちょっぴりでも参加できたらいいな、、なんて思ってません?

温暖化を少しでも食い止めるために、温暖化して暑苦しくなった日中、できるだけ暑さを我慢しよう、エアコンの温度をいつもより2〜3度上げて、などどいう「クールビズ」が流行りだしました。

あなたの職場ではもうエアコンが稼動してますか?

エアコンの省エネ機種はエコポイントつくってご存知ですよね。

家庭で性能いいエアコン買って省エネして、職場で2〜3度いつもより温度を上げてネクタイ締めずに、濡れタオル巻いてどのくらいCO2削減できるもんでしょうか?

実はデータを探しているところ。見たことないんですよね。

昔はエアコンもなしで夏中過ごせた。そう考えたらなんとか過ごせるかも、、、。

やってみた人いる?

うちも一人やってみた人がいる。

挫折しました。8月の1日〜20日までは無理。熱中症になりかけた。

なので、無理してクールビズなんかやめて潔くエアコンがんがんかけたほうがいい。

CO2削減のためには、冬場にエアコンやめて昔ながらの薪ストーブにしてはいかが?

え?やっぱりCO2どっさり出るじゃないって?

電気を作るために火力発電をするのと、人力で火を起こすのとどっちがCO2たくさん出すことになるんでしょう?

これもデータがなければなんとも言えませんが、要するにCO2削減するには、人間が文明を捨てて原始の生活に戻らないと無理なのかもね。

火を燃やしたり作ったり出来るから人間は快適生活できる。でも、その副産物にCO2が大量に出るんだもの。

いっそ空気中に増えすぎたCO2を何かに使える方法ないのかしらね。

例えば、CO2を使って空気を冷やすエアコンとか。CO2を素材に練りこんだヒエヒエ枕とかね。

もっとSF。工場から出たCO2を冷やし固めてドライアイスにして、空から降らせて世界の大気の気温を下げるとか。

クールビズにはもってこい、、「恐怖の大王」を空から降らすなどという流言飛語を撒き散らして、世界中の人々を涼しくするってのも、アイデアかもしれません。

皮肉じゃなくって、そんなことほんとにやろうとしてる人たちが、ほら、いるじゃありませんか、(キタ!チョウセン。)

クールビズも大切ですけど、肝をほんとに冷やすことにならないように皆でやれることを考えなくては。

とりあえずうちは、家族全員の服を半そでに衣替えして、カーテンを薄地に替えました。

冬でもネクタイ締めないやつばかりなので、暑い日は首に濡れたタオル巻いて行くのが我が家流クールビズ。

あ、そうそう、最近スカーフやマフラーを首元にするおしゃれが流行ってますよね。見たら暑苦しそうなんだけど、やってる人に聞いたら意外と涼しいって。

あなたもやってみる?CO2削減のためのクールビズ。

私のもう一つのブログ「別館 夢 いく 身 はっぴい」でクールビズのためのグッズとエコ家電を少し紹介しています。

あなたが出してるCO2の量を計算してるサイトを見つけました。興味ある人はやってみて。

★あなたの出してるCO2の量が分かるサイト★


posted by えリィ2009 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

あなたもきっと行ける宇宙旅行。

あなたもきっと行ける宇宙旅行。

私たちが生きてる間にこんなことが出来るようになるとは夢にも、、ずっと思っていました。

鉄腕アトムが宇宙ステーションで活躍してる漫画を描いた、今は天国にいる手塚治虫さん、とうとうあなたの夢が現実になりますよ。

「2010年宇宙の旅」はSF小説でしたが、もうフィクションではなくなるわけです。

Yahoo!ニュースからの抜粋をご紹介。速報ですので、また色々な情報がTVや新聞で分かるでしょう。


米ニューメキシコ州、世界初「宇宙旅行の拠点」建設に着手
6月20日17時6分配信 CNN.co.jp

(CNN) 米ニューメキシコ州で19日、宇宙旅行の拠点となる「スペースポート・アメリカ」の建設が始まった。完成すれば、民間宇宙旅行者が宇宙へ向かう世界初の「宇宙港」となる。

ニューメキシコ州が約2億ドル(約190億円)を出資し、建設する。完成後は、民間として発の宇宙旅行を計画している英ヴァージン・ギャラクティック社が利用する。

同社は2008年にも、宇宙旅行事業を始めるとしていたが、実際にスペースポート・アメリカを利用した宇宙旅行は、2010年からとなる見込み。

同社によると、すでに世界120カ国・地域から4万5000人が宇宙旅行を予約しているという。費用は20万ドル。

着工式に出席したビル・リチャードソン知事は、「ニューメキシコはこの投資により、新しい宇宙産業に向けた新しい、重要な一歩を踏み出す」と述べている。


世界じゅうの巨大企業が核兵器をはじめとする非人間的な、非生産的な兵器作りに莫大な投資をし、「死の商人」が空前の儲けをあげてきた歴史に比べ、人類の未来を切り開く産業が今まで発展して来なかったのが不思議です。

今、このちっぽけで美しい、大切な地球を守るために、私たちは今CO2削減して温暖化を食い止めたり、国連を通じて世界中のあちこちで起こってる紛争や内戦を終結させる努力をしてる。

アメリカの大統領ですら、「核兵器をなくすことは人類の、アメリカの責任」と言うこの現代、平和できれいな地球を作ることと平行して宇宙開発はこれからの人類にとって不可欠な道ではありませんか。

宇宙には限りない夢がある。

例えば地球に不足する資源や鉱物、氷や液体窒素、ドライアイスを掘り出して枯渇した地球に送る。

人口が増えすぎた地球から脱出して、月や他の惑星に移住する。

私が子供の頃に読んだ、好きだったレイ・ブラッドベリのSF小説が本当になる、、、。

自分が生きてるうちには無理、、、。なんて思いたくありません。

だって、CDやDVD、ブルーレイ、パソコン、携帯電話なんて、私が子供の頃はまだSFコミックにしか出てきませんでした。

どんな先進国でもテレビや乗用車なんて限られたお金持ちの家に1台あるかないかの時代だったんです、ほんの五十年前は。

きっと、私が元気でいる間に、1日に100人以上、月面ホテルや宇宙ステーション観光に行ける日が来ると信じてます。

もしそうなったら、私が絶対にしてみたいこと。

好きな人と二人で、地球のほんとの姿を地球の外から見てみたい。

私たちの小さな地球には、国境などなくて、白い雲と陸地と、ブルーの海がかけがえもない、数え切れない尊い命を育み育てていることをこの目で見、肌で感じて来たい。

地球上の誰もが、地球が一つだと感じれば、きっと戦争が必要悪だとか、自己防衛のための核兵器保持なんてくだらない考えを持つ人はいなくなると思いますね。

地球に今ある26000発以上の核兵器を、ロケット飛ばしてどっか遠くの恒星に投げ捨てて一気に「不法投棄」なんて宇宙人にモンク言われるかしらね。

間違った為政者のせいで、地球で炸裂するよりずっとマシだと思うんですけど。
posted by えリィ2009 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

ほんとにあなたは選挙で投票して戦争のできる国にする?

8月6日の記事があまりに人気ですごいアクセスを頂きましたので、続けて今日も同じテーマで行きたいと思います。

ノリピーよりもっと大切な時事ニュース。

今、自民党の議員が中心となって新憲法制定議員同盟という団体が出来てます。政党の枠を超えて、憲法を「改正」するためのいろいろな準備をする会といえば分かりやすいでしょうか。

この団体の会長はあの、中曽根康弘元総理であり、顧問にはあの海部さん、中川さん、安部普三元総理、綿貫さん、亀井さん、副会長には与謝野さん、高村さん、町村さんさんなど自民党のお歴々はもちろん、民主党党首・鳩山由紀夫さんも入ってらっしゃるフレンドリーな団体です。(笑)

どんな風に憲法を改正しようとしているのかについて、知りたいとあなたはお思いでしょうね。

2005年の自民党新憲法草案というのが今手元にあるのでご紹介しますね。出所をお知らせすると、2005年10月29日の朝日新聞の記事です。ネットでも調べられるので確かめてみてね。

朝日新聞が嘘書いてると思う?、、読売新聞にも同じことが書いてあるでしょう。

自民党案改正憲法前文

日本国民は、自らの意思と決意に基づき、主権者として、ここに新しい憲法を制定する。

象徴天皇制は、これを維持する。また、国民主権と民主主義、自由主義と基本的人権の尊重及び平和主義と国際協調主義の基本原則は、普遍の価値として継承する。

日本国民は、帰属する国や社会を愛情と責任感と気概をもって自ら支え守る責務を共有し、自由かつ公正で活力ある社会の発展と国民福祉の充実を図り、教育の振興と文化の創造及び地方自治の発展を重視する。

日本国民は、正義と秩序を貴重とする国際平和を誠実に願い、他国と共にその実現のため、協力し合う。国際社会において、価値観の多様性を認めつつ、圧政や人権侵害を根絶させるため、普段の努力を行う。

日本国民は、自然との共生を信条に、自国のみならずかけがえのない地球の環境を守るため、力を尽くす。

素晴らしい文章。そのとおり。賛成!

じゃ、現行憲法の前文、読んだことおありですか?

現行憲法前文

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

そもそも国政は国民の厳粛な信託によるものであってその権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法はかかる原理に基づくものである。われらはこれに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。

われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらはいずれの国家も、自国のことのみに専念して、他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

自民党案の前文と比べて、現憲法前文は古臭いとお思いですか?確かに「思ふ」とか「ゐ」とかの文字はそうですけど。

占領軍に無理やり作らされた文章だとか、腰抜け憲法なんて言う人がいます。理想だけど非現実的、と。

私はこちらの前文の方が人間の尊厳やより次元の高い世界平和の理念、世界中の人がみんなで信頼関係を築くことによって初めて平和は成し遂げられるという信念に満ちた表現で、むしろ今の世界に必要な思想で誰にも分かりやすいと思います。

前文とは、日本の法律の最も基本となる憲法の「精神」を謳う部分。

この憲法が作られた理由がこれほどはっきり書いてある前文をまったく消して、あたりさわりのない表現で、天皇の象徴性や「国を守り、愛する気概」などという表現をなぜわざわざ前文に書かなければならないのか?

かつての侵略戦争への道を再び歩まないために、国民が主人公の政治を、国政選挙に真の代表を送ることで実現させるのだと、明白に書かれている前文を。当たり前だからこそ、明記しなければいけないのに。

この改正案を強力に推し進めようとするのが先の議員同盟なのです。

民主党・党首の鳩山さんは憲法9条の改正を彼の著書「新憲法試案」で訴え、書いてらっしゃるそうです。

次回は、憲法9条の改正についてのお話を。
posted by えリィ2009 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

大勝利、与党・民主党の政治の行く末は?

予想どおりでしたね、308議席という過半数を大幅に上回る議席で民主党が圧勝しました。

連立しなくても単独で政権を持つことができますね。
(夕方のニュースでは社民党と連立を打診してるということでした。)

自民党が野党になったのは戦後初めてではありませんが、選挙でこれほど大差がついて負けたのは今回始めてではないでしょうか。麻生さんは当然辞任です。

取りあえずは、国民が心底怒ってるってことを、自民党のむちゃくちゃな政治をやってきた人たちに思い知らせることができましたね。

でもだからといって選挙なんかで世の中何も変わるわけがない、、そう信じてる人に分かっていただきましょう。

民主党の政治で、世の中はさらに悪くなる!

え?そんな!

とびっくりしてるあなた、そうなんですよ。選挙で政権が交代すると世の中は必ず悪くなります。

良くなると信じて、自民党に入れなかったのに、、なんで?

まず、株が下がって株主は損します。不況はさらにすすんで解雇や雇い止めが進み、就労率が下がります。

なぜか?

大企業の主が景気の先行きを心配するからなんですね。今まで自民党政権と結託して儲けをあげていたのに、民主党が政権をとったからには、自分達に利益をくれるような、利権を与えてくれるような政治家と繋がりをもてるかどうかしばらくは不安を持ちます。

今までどおりに会社が儲かってくれるかどうか心配なので、設備投資や新しいプロジェクトに人やものを投資するのをしばらくは控えるでしょう。

中小企業は今だに景気が低迷したままです。追い討ちをかけて不況がやってきます。大企業の下請けなんかは大打撃。仕事が回ってこなくなります。

今まで長い間日本人が政権交代を望まなかったのはこういうシナリオが頭にあったからではないでしょうか。

政権が替わったら、景気も悪くなる、と。

そうして郵政民営化、企業減税、消費税増税、医療費負担増加、後期高齢者医療制度、国民年金問題、軍事費増強、海外派兵とあらゆる悪政をやすやすと成立させた国会を何十年も野放しにしてきました。

これからは国会も大波乱。何でもかんでも人数でごり押ししてきた自民党が、逆に反対意見を出しても通らない場面も出てきます。一つの法律が成立するのに、これまで以上にすったもんだの修羅場がTV画面で見られるようになるでしょう。

政権が替わったら政治も自分達のくらしもすごく混乱する。だから何も変えないほうがいい、長いものに巻かれて、地域の親方の言うとおりにする静かな暮らしが一番いい。そういう人たちにとっては、今回の選挙は最悪の事態だと思います。

しばらくはこの不況が続くでしょうが、そういう人たちから、

「民主党が政権を取ったらもっとひどいことになったじゃないの。」

と言われても、あなたは分かっていらっしゃる。

混乱することが今は必要悪。

官僚政治を批判し、官僚の天下りによる経費の無駄遣いをあれほど批判してる鳩山さんがこれからその官僚をうまく使いこなして、新しい政治の仕組みを整え、日本が再出発するのにはしばらく時間がかかります。

2〜3年はかかるかもしれません。

すぐに結果が出ないからといって国民がすぐに首を挿げ替えないようにお願いします。

他の野党をみんな骨抜きにして、2大政党にしようとしたり、憲法改正(改悪ですけどね、本質は。)に走った時に初めて、みんなでストップをかけられるように、他の野党の力もつけてあげましょう。(国会に10人出ていないと議員立法できないんですってね、たしか。)

あ、そうそう4年間は消費税を上げないという公約が本当に守られるかどうか、子供手当てがちゃんと支給されるかどうかも民主党の真価が問われるところです。

このマニフェストがきちんと守られないようなら、4年後には自民党以外の野党を選びましょうね。

もう「この党は人数が少なすぎてどうせ政権を取れないから自分は票を入れない。」なんて言い分はナンセンス。

今まで少数だった民主党が国民一人ひとりの選択で、自民党の300議席から票を奪い取り、自民党を上回る議席を得たじゃありませんか。

自民党以外の野党の議席だってぜったい増やすことができるはず。

変化を恐れず、たとえいっときの混乱があっても、長い目で見てこれからの日本に何が大切かを判断する知恵を、みんなが持ってさえいれば、ね。

この1ヶ月、日本中の人がかつてないほど選挙に関心を持ちました。(期日前投票数最高、投票率最高?)

雑誌の編集長さん。女性向けの雑誌にはこれから政治や選挙の記事をたくさん載せると売れますよ。

現代女性はもう芸能人のスキャンダルやお買い得ショッピングや、子育ての悩み、お弁当のおかず、ダイエットやファッションの話だけでは飽き足らなくなってます。

今女性にトレンドなキーワードは「政治」。

でも次回からは柔らかいネタも扱っていきます。ずっと政治の話で飽きちゃったあなたのために。
posted by えリィ2009 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

苦戦を強いられるオバマ政権!医療保険制度は改革できるか。

対岸の火事ならぬ、対岸の大嵐。

アメリカ合衆国って国は、お金がない人はとことん惨めな人生しかない国。貧富の格差が日本では考えられない位大きいって、あなたはご存知ですよね。

以前の記事で書きましたが、医療保険に入ってない、保険料を払うお金のない人たちは、風邪ひいても、インフルエンザにかかっても病院にいくこともできない国。莫大な医療費がかかるんですもの。

出産でさえ莫大なお金がかかるので、女性は産後1週間くらいで仕事に復帰する人もいるらしいです。

日本国民はほとんど国民健康保険に加入でき、比較的(これからどんどん負担率が上がっていくにしても)軽い負担で病院にかかることができます。

もっとも3割という割合は、ヨーロッパの先進国中ではもっとも重い負担だってことご存知ですか?

ほぼ全国民に収入に応じた保険料負担がある。そのかわり、いざ病気になった時は、誰でもほとんど無料で医療が受けられる。

そういうシステムが整っているからこそ、お金を溜め込んだり、老後の医療のための資金などと称して土地や貴金属に換えて死に金を作ったりしない。年金だけで豊かな暮らしが補償されてるわけです。今お金があるなしに関わらず。

アメリカの多くの人たちの考えはこれとは違っているようです。

保険料は自分が働いたお金から自分の分だけを払えばいい。保険料が払えない人の分まで、自分が負担する必要はない。

つまり、無収入で保険料が払えなくて、医者にいけない人のことなんか、自分の知ったことか。払えないのは払わない本人が悪いんだから。

そう言っているように私には思えます。

収入が充分にあって、それでも払わない人は別として、働きたいのに働き口がない、体が不自由で、あるいは病気が重くて働けないのに、病院にいって高い治療代を払わなくてはならないとしたら、あなたはどうしますか?

自分は病気じゃないし、健康でそこそこ仕事がある。そんな奴のことなんか知らない。とにかく自分が払わなくちゃいけない保険料がこれ以上上がってもらいたくない。

それに医療費負担が大きくなれば、また世の中の景気が悪くなるじゃないか。

企業は当然、医療費負担が個人ばかりでなく、企業にもかかってくることを嫌がるでしょう。

病人や金のない奴は早く死んでくれて、企業に役立つ健康な社員さえいればいい。いったん彼らが病気になれば使い捨てだ。使える奴は他にいくらでもいる。

そもそも健康保険料が払えない人はスラムの黒人や、ヒスパニック系が多い。(かどうかは私は知りません。)そんな人たちのために、ちゃんと保険料を払ってる私たちが家計を圧迫されるのは真っ平よ。

これが今、デモ行進してオバマさんに反対している人たちの本音でしょう。そんな「人間の命の尊厳」を踏みにじる考え方がまかり通るならアメリカ合衆国の未来はない、そう思いませんか。

病気の人、障害のある人、色んな理由で働けない人のために本来、医療保険はあるべきなのに。

今お金があって働ける人にとっては保険料は自分が病気になった時のための担保なんです。

今働ける人が、働けない人のために医療費を肩代わりしてあげる。その代わり自分が病気になった時に、健康な人に助けてもらう。

でもアメリカ合衆国の人は、こういった「相互扶助」の精神をよしとしない。

なぜ?人にたよるのは恥ずかしい?

一家で働いても働いても貧しいのは学歴や才覚がないから。本人が病気なのはその人が不注意だから?

実は働いても働いても、貧しい人はどんどん貧しくなる世の中のシステムが変わらないと個人の力ではどうにもできないんです。

アメリカはアメリカ、日本の自分となんの関係もないと思ってるあなた、対岸の大嵐と言ったのはこの事よ。

日本だって法律で決めて派遣やパート、アルバイトといった、企業が保険料負担をしなくていい労働者を増やし、給料はだんだん少なくして、国民健康保険料を払えない人を増やしてきている。

そうしておいて、保険料は一律でも収入に応じた徴収でもなく、任意加入にして、払える人だけの保険制度にする、、。そんなシナリオが、日本政府、厚労省にもあったら恐ろしいです。

若い人がどんどん国民年金保険料、国民健康保険料を払わなくなり(払えなくなり)、年老いた人たちが増えて医療費が増大すればこのままずっと3割でいられるでしょうか。

日本の現役世代の人たちが、オバマさんに反対しているアメリカ人たちのように、「自分達の保険料は自分達が払う。人の分まで面倒みるものか。」などと言い出して、国民健康保険制度がなくなってしまったりしないでしょうね。

若いあなたに考えていただきたい。

保険料が払えないあなたがすべきこと。

アルバイトの地位に重んじて、一生アルバイトのままで暮らすか。

それともきちんと「正規採用」されて、保険料も払い、企業にも負担してもらい、自分の労働力を正当に評価される世の中にするのか。

企業の社長さんに考えていただきたい。

今までの日本の高度経済成長は、いつでも首を切れる安い労働力ではなく、手厚い医療制度に守られた熟練の職工や、経験ゆたかな企業戦士がいたからこそ。

いっとき怪我や病気をしても、きちんと治療して治し、技術や知識を分け合う先輩後輩がいて「年功序列」の社会があったからこそ、60余年という短期間で日本は戦後復興を果たし、先進国の仲間入りができるほど発展したじゃありませんか。

経済が不況に転じた今こそ、手厚く医療保険や年金制度を改正して、元気な熟練した優れた人材を育てていかなければ。

カネは儲かっても、人が健康で育たなければ企業も国の経済もうまく立ち行かないと思いますよ。

アメリカ合衆国のような格差社会は、このままではいつか行き詰まる気がします。

カネさえあれば何でもできる社会。貧しい人が見捨てられる社会。

日本では考えられない位、ひどい犯罪が多発してますよね。

オバマさんが、あの国をどう良くしていくのか、海の向こうの出来事ではなく、自分のことのように毎日TV画面を見つめています。

世界が近くなって、よりよい社会制度を他国から取り入れていけるように願っています。

世界中で、貧困に苦しむ人が少しでも減りますように。病気や怪我をした人がお金がないせいで命を落としたりしない世界になりますように。
posted by えリィ2009 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

夢いく身 はっぴい!〜みんなが幸せになるために、私ができること。

いやあ、驚きましたねえ、Yahoo!ニュース、時々読むんですけど、嘘のようなほんとの話。今日は最近のニュースからの雑感。

ワシントン時事】米航空宇宙局(NASA)は13日、月に水が存在することを示すデータを得たと発表した。10月に無人探査機「エルクロス」を月面に激突させた際に生じた大量の噴出物を分析した結果、水の存在を確認した。
 NASAは「宇宙開発を進める上での朗報で画期的な発見だ。月の神秘を解明する新たな章を開いた」としている。水の存在は、将来の有人月探査で月の水を電気分解し、水素をロケット燃料に、酸素を宇宙飛行士の呼吸用として利用できる道を開くことになる。
 NASAはこれまでの観測で、月の極地域には大量の水素が存在していると判断。月の南極付近のクレーター「カベウス」に太陽光が当たらない「永久影」があり、その部分に的を絞って10月9日、エルクロスを時速9000キロ近い猛スピードで激突させた。
 舞い上がった500トン(推定)の噴出物を分光計などを使って分析。噴出物が太陽光にさらされて水蒸気が生じたことが分かった。 


月に、水があるらしいというのは、科学者たちは20世紀の終わりには予想してたらしいですね。でも、ほんとにその証拠がこんなにはっきりと分かったのは、初めてではないでしょうか?

しかも、相当量が埋蔵されてるらしい。

将来、月に基地を作って、地球に資源を輸送することが、いや、人が快適に住める星になることがSFではなく、現実味を帯びてきました。

月にある水はもしかしたら、月に都市を作ったり、そこで植物を育てたりできるかもしれません。温暖化のために多くの島や土地が沈み、地球の陸地が狭くなったら、月に移住なんてのも、、。

新聞には、地球温暖化のために、今世紀どころか10年以内には北極の氷がすべて融けてしまうと書いてありました。ものすごい時代に私たちは生きることになりそうです。

オバマ大統領は昨日日本での会談で、「ヒロシマ・ナガサキ」にぜひ訪れたいとおっしゃっていました。実現できれば、少なくとも核兵器廃絶に向けてアメリカ合衆国全ての国民が関心を持ってくれると信じます。

国家予算の使い道を、ここまで公明に、あけっぴろげに国民自身に話しあいに参加させてくれる行政刷新会議「事業仕分け」。

過去数十年間、官僚によって密室で決められ、どんな根拠で予算がつけられたのか国民にさっぱり分からないまま、次々と無意味な事業に莫大な税金がつぎ込まれていました。

これからの予算編成は国民参加の、国民が納得いく予算編成をというシステムが今回の政権交代によって確立できるといい。たとえ政権が再び変わっても。

「おもいやり予算」などという不埒な、無意味なお金を思い切って廃止し、沖縄を真の「日本の領土」に取り戻す糸口になればいいです。戦争のための基地を作ることは、アメリカにとっても日本にとっても資源と人とお金の無駄遣いだということを、国会で徹底的に議論していただきたい。

「地球環境を守りたい。」「戦争をなくしたい。」「宇宙には地球人の限りない未来が待っている。」そんな願いが、日本だけじゃなく世界を一つにしてくれると思っています。

天国にいる森繁久弥さん、私もあなたのように96歳までは生きて、新しい時代を見届けてからそちらへ行きますからね。

今朝はゴミをしっかり分別して、今日からエコバッグをもって買い物に行くことにします。

これが今できる私の「地球を愛する」活動。大きな夢は小さな行動から。巨人の1歩も、アリの1歩も、100歩も、人間の1歩もみんな前向き。

posted by えリィ2009 at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

イルミネーションと新型インフルエンザどっちが流行り、あなたの町では?

さて、早くも師走。夕方になるとあちこちに灯るのがイルミネーション。

すっかり日本の冬の風物詩になりました。ちょっと前まではオーストラリアのクリスマスで紹介されて、物珍しがってた日本人。

きっとラーメンや餃子のように、海外から入ってきた文化を消化吸収してさらなる芸術を生み出す、、、

かと思いきや、そんなに進化してないみたい。隣近所のは。

でも、子供の頃、クリスマスが近づくと、クリスマスツリーやデコレーションが飾られてなんとなくうきうきした気分になりませんでした?

町にイルミネーションが輝きだすと、活気があふれた感じがしますよね、冬枯れた木々がまるで、生き返ったみたいに見えますものね。

冬のもうひとつの「風物詩」それはもちろん新型インフルエンザ。

今、子供たちの学校では猛威を奮っています。

全学年が次々と学級閉鎖になりました。うちの子は兄が新型と診断されたために「濃厚接触者」ということで元気なのにもかかわらず、4日間出席停止。やっと登校できたと思ったらクラスが学級閉鎖になってしまい、結局先週は1日しか学校に行っていません。

出席日数が足りないので、土日も学校に登校させて、授業を確保するというのが新聞に出ていました。

ほんとにそうなるんでしょうね。

幸い息子は比較的症状が軽くて、といっても1〜2日の間39度熱が出ましたが、安静にしていたのと早く診断が下りたので、家族にうつらずにすみました。

小学生の下の息子は、少し微熱が出て、1〜2日体が痛いといってましたが、それっきりで、他に症状がでませんでした。私も少し頭痛がする程度。発症した息子は、一人部屋に隔離して、ご飯を運ぶときも二人ともマスク。

台所にお膳を下げるたびに私は手洗い、うがいをしてました。

人によって症状が軽かったり重かったりなので、一概には言えないと思いますが、インフルエンザを発症した人と接触した覚えのある人は3〜4日は油断をせずにうがい手洗いをこまめにしたほうがいいですよ。

4日は潜伏期間なんでしょうね。学校が出席停止にするんですから。

ところで予防マスク、効果があるのとないのとがあるんだそうですね。 ウイルスを通してしまうのとちゃんとシャットアウトしてくれるのと。

どんなのが安全なのか分からないので、薬屋さんでちゃんとアドバイスしてもらいましょうね。たいていのドラッグストアには10種類以上の使い捨てマスクが箱入りで並んでますけど、どれが効き目あるのかちょっと目には分からないですよね。

お医者さんがしてるような、顔半分が覆われてしまって、まるでガスマスクのような立体的なのは使いにくいし。

鼻の部分に硬い針金のようなのが入ってるのをよく使ってます。使ったらその日には捨てたほうがいいって。

ゴミ箱に捨てる時も、捨てたらゴミの山にしておかないで、マスクを包んで早く外のゴミ箱に捨てに行きましょうね。

こんなにしても、やっぱり罹ってしまったあなたはお気の毒ですが、仕方ありません。早く直すためにはしっかり睡眠を取りましょう。

柚子や柑橘系のアロマが効くそうです。

うちは先日もいだばかりの柚子を部屋に10個ほど置いて香りを楽しんだり、柚子湯に入ったり、柚子ジャムを作ったりしています。

冬至の日に柚子湯に入ったり、かぼちゃを食べたりすると風邪を引かないってほんとみたい。

栄養あるものを食べて、いい香りを嗅いで、綺麗な景色を見て癒されるのが、無病息災の秘訣なんですね、きっと。

さて、私も今年は「イルミネーション」に凝ってみようかな。お隣さんが素敵なのを飾ってらっしゃるので、どこで買ったのか聞いてみよっと。

周り中田んぼだらけの我が家にも、イルミネーション飾ったっていいよね。観光名所になるほどデコデコにはしませんよ。



この冬一番のハヤリモノまだかかってないあなたに。
posted by えリィ2009 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

ねえねえ、ちょっと聞いた?地球は2012年に滅亡するんですって!!!

まったくお騒がせな「流言飛語」があるもんです。

最近ネットでうわさもちきりなのが地球は2012年になんとかっていう星が落ちてきて滅亡するとか、太陽が発する何とか波が地球の生物を死滅させるとかいう話。

TVで特集やってたらしいです。太陽の異変で、全ての電磁波や電気で動く機器が狂ってしまって、インターネットもできなくなり、暗黒の世界の中で人類が破滅。

地球温暖化のせいで海水面が上がっているのも異変に影響。地震や津波が頻発し、津波に飲まれて、大多数の大きな海辺の都市が壊滅。

まるで、あの映画のような展開。ほんとの話?

ネットで相当流れているらしい。

野次馬根性丸出しで、じゃ、なんでそんなうわさが飛び交っているのかを調べてみました。

小さな火事なら、火元が分かれば消すのもたやすいですよね。

Yahoo!知恵袋で質問したら、結構たくさん答えが返ってきました。皆さんよくご存知なんですね、このうわさ。

大半はそんなのはデマという言葉。

NASAの公式見解というのがたまたま調べたサイトにあったのでご紹介します。やっぱりデマだといってます。

あなたはどう思います?

2012年地球滅亡説に対するNASAの公式見解が分かるサイト

気になって眠れないあなたは、いろいろ調べてみましょうね。

地球がほんとに滅亡するとしても、どうせ自分には何もできはしないし、、

私もそう思うんですけど、何でそうなるか分からないまま、突然天変地異が起こってわけも分からずいきなり死んでしまうより、来るべき時が来たと分かって、終わりを静かに受け入れて逝くほうがまだましかな、、なんて。

馬鹿なやつだとお思いでしょうが、当分この2012年問題を調べて見るつもりです。面白い事が分かったらまたお知らせしますね。

ユウチューブによる最新映画「2012」予告編サイト
posted by えリィ2009 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

地球滅亡は2012年ではなく、2032年だった!?

最近世間を騒がせてる「2012年問題」すでにあちこちで、この問題を扱ったサイトが作られ始めてます。

個人で立ち上げられるサイトの情報は、個人の方の見解や予想が多分に入っているので、「地球滅亡」のシナリオが書かれていても、そう驚くにはあたりませんが、こんな記事を見つけました。

ロシア宇宙庁:「2032年に小惑星が地球に衝突」

 【モスクワ大木俊治】インタファクス通信によると、ロシア宇宙庁のペルミノフ長官は30日、地球に近接する小惑星アポフィスが2032年にも地球に衝突する恐れがあるとして、近く衝突回避のための専門家会議を開き対策に乗り出すことを明らかにした。ロシアのラジオ局とのインタビューで語った。

 同長官によると、すでにロシアの専門家から「(小惑星の)破壊や核爆発を伴わない」特殊装置を使って軌道をそらす計画案が寄せられているという。

 衝突した場合の影響は不明だが、1908年にロシアのシベリア上空で爆発し半径約30キロにわたって森林を炎上させたとされる「ツングースカ隕石(いんせき)」の3倍以上の規模になるとの見方も出ている。

 アポフィスは04年に発見され、一時は米航空宇宙局(NASA)が2029年に地球に衝突する可能性を指摘。その後、29年には地球上約3万2500キロを通過するが衝突はしないと修正されたが、その後の軌道予測は困難とされる。


このサイトはまさかデマを書いてはいないでしょう、毎日新聞WEBサイトニュースですから。

毎日新聞WEBサイトニュース入り口
権威ある筋、ロシア宇宙庁が、公式に発表したなら、ほんとの事なんでしょうね。

NASAでも同じような発表があったらしいですが、後には衝突は回避されると報道が修正されたんですって。

2004年に発見されたばかりのこの惑星、予測不可能な動きをするらしくて、観測のデータがあてにならないらしい。

巨大な惑星が地球の軌道近くを掠めるだけでも、どんな災害が起こるかわかりませんよね。

2032年といえば、あなたは何歳?

その頃はもう還暦とか、米寿とか、確実に死んでるあなたは良かったですね。

天国に行っても、地球が残ってるかどうかは分かりませんけど。

半径1キロの天体が衝突しても、津波とか、灼熱地獄、地震や天候の激変で地球の生物のほとんどが死滅するらしいです。

何にもできないけど、でも、自暴自棄になったり、希望を失って好き勝手な生き方をするのだけはいやですよ、私。

何もできないけど、最後まで希望を失わないで、幸せに生きる、、

今までの人類、生物の無数の命の犠牲の上に生まれてきた自分の大切な命ですもの。この命に感謝して、燃え尽きるまで潔く生きたいですよね。

よく考えたら、惑星なんか落ちて来ても来なくても私たちは皆、限りある一つしかない人生を生きているんですよね。
posted by えリィ2009 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

バンクーバーオリンピック開幕!金色に輝くメダルより、あなたの笑顔が見たい!

とうとう始まってしまいました、冬季オリンピック。

前評判は高く、特にフィギュアスケート、スピードスケート、ジャンプ、モーグルなどに若手もベテランも有力候補が名を連ね、期待が大きい大会になったみたいですね。

みたい、というのは私、今まであまりニュース番組や新聞を読まなかったので、誰がいったい注目株なのかが分からないんです。

上村愛子のモーグル?浅田真央と高橋大輔のフィギュアスケート?

何が期待されているのか、未だに分かりません。勉強不足ですね、真央ちゃんごめんね。

バンクーバーはいいとこだってね。スキーに行くにはもってこいの観光地。海外に行くならここ。

海外旅行には一度も行ったことない私ですが、1番にエジプト、2番がオーストラリア、3番はここですかね。

外国人が住みやすい町らしいです。

テレビにちょっと出てたけど、選手村って、かなり豪華でリゾートですよね。選手がリラックスして事前調整に打ち込めるように細心の心くばりがしてあるように報道されてましたよね。

ここまで国民の税金が投入され、国民の代表として施設を利用でき、出場のためのいろんな配慮をしてもらって来ている選手ですから、ベストを尽くして、ベストコンディションで実力を発揮してもらいたいですよね。

メダルを期待されてる選手ばかりが注目を集めるのではなく、オリンピックに参加した全ての選手が、どれだけこの大舞台に向かって、プレッシャーに負けず、自分に打ち勝つ姿を日本中のファンに見せられるか。

「オリンピック」の独特の雰囲気に飲まれず、伸び伸びと普段の実力を発揮できるように祈っています。

メダルの色は何色でも、メダルなんかなくっても、私たちは、あなたがたの挑戦者としてのあきらめない、くじけない勇気に感動します。

テレビの画面に向かって、届かない声援をテレパシーのように送る私たちに、どうか、自分にしか得られない満足の笑みを、結果にこだわらず見せてくださいね。

テレビに向かっての長い夜。寝不足の毎日に備えて、観客も英気を養いましょう。いつもの布団にくるまってね。


posted by えリィ2009 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

核兵器のない平和な世界を。ビキニデーに際して思うこと。

[ビキニデー] ブログ村キーワード

もう過ぎ去ってしまったけど、3月1日って何の日?

「ビキニデー」。それって何?というあなたにご説明。

今から56年前の1954年3月1日、アメリカ合衆国はマーシャル諸島ビキニ環礁で大規模な水爆実験を強行しました。

広島型原爆の1000倍を超える威力を持った水爆は、南太平洋からインド洋まで広大な地域に放射能を撒き散らしました。

マーシャル諸島の住民だけでなく日本の第5福竜丸を始めとして日本の漁船にも甚大な被害を与え、いまでもその時の放射能のために後遺症を持ったたくさんの人々がいます。

ビキニ事件は、日本国民を原水爆禁止の行動に立ち上がらせました。

翌年1955年、広島で開催された最初の原水爆禁止世界大会では、当時の有権者総数を越える3200万筆の署名が寄せられたと発表されました。

それ以来、3月1日は「ビキニデー」と呼ばれ、犠牲者を偲ぶとともに日本国民が核兵器禁止の決意を新たにする日として、各地で集会や行動がもたれています。


以上は、私が今、手に入れた「原水爆禁止日本協議会」という団体から発行されたパンフレットから抜粋しました。

かたい話、難しい話ならめんどくさい、もういいわ、というあなた、もうしばらくお付き合いくださいね。

以前の記事で、戦争のない平和な世界を実現させたいという私の話を読んでくださったあなたに、ぜひ知っていただきたい。

日本が平和憲法を維持することのほかにもう一つ、大切なことがあると。

私たちや、私たちの子供たちに、平和な地球をいつまでも残すために、今必要なこと。

それは、今世界に貯蔵されている核兵器、23000発を何としてもこの地球からなくすこと。

そんなことできるの?

というあなた、もしも、このうちの1発があなたの愛する人や、あなた自身の命を奪うかもしれないなら、是非今のうちにやっておかなければならない。

そうしなければ、いつか世界の全ての生き物は絶滅し、絶滅した後にも余りある核兵器だけが存在し続けることになりかねないからです。

NPT=核不拡散条約というのをご存知ですか?

これは1970年に発効した国際条約で、世界の184カ国が核兵器を持たないことを約束する一方、核兵器国と認定されているアメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国の5カ国は核兵器軍縮、廃絶の交渉義務を持っています。

1995年に無期限延長されてその後、5年経過ごとに条約の運用についての再検討会議が開かれています。

2010年、つまり今年5月、3〜28日までニューヨークの国連本部でNPT再検討会議が開かれる予定になっています。

つまり、核保有国と核を持たない国とが一堂に集まって、核兵器をどう廃絶するのかを話し合う会を持つわけです。

世界の核の95パーセントはアメリカ合衆国とロシアが持っています。

その中で、昨年オバマ大統領はご存知の通り、チェコのプラハで歴史的な演説を行いました。

「核兵器を使った唯一の国として米国には行動する同義的責任がある。」と。

ブッシュ政権時代には考えられなかったスピードで核軍縮が進み始めました。ならずもの国家を牽制するためにも核兵器は必要だとする論はもうオバマさんの時代には通用しない。

7月にはオバマ大統領とロシアのメドベージェフ大統領は戦略核の上限を1500発から1675発の範囲にすることを合意しました。

同じ7月先進国首脳会議では核兵器のない世界の条件を追求することを宣言し、9月には国連安保理事会では核兵器のない世界の条件をつくることを盛り込んだ決議が採択されました。

日本では、鳩山内閣が成立した翌日、2009年9月17日、日本原水協は鳩山首相に大して核廃絶の先頭に立ち、非核三原則を宣言するとともに、国連での核兵器禁止条約の交渉開始を提起しました。

日本政府の提案により、内容はともかく一応は12月の国連総会では171カ国が賛成票を投じました。

核保有国の中国に加え、インド、パキスタン、北朝鮮、イランなども賛成票を投じたのです。

現在NPTの締約国は、インド、パキスタン、イスラエル、北朝鮮を除くすべての国189カ国。

うち184カ国が非核兵器国として自ら核兵器を持たない国と宣言しています。

たとえ国家が核保有しなくても、国際的なテロリスト集団が核兵器を奪ったらどうするんだ、という考えの人に一言。

だからこそ、彼らに核兵器を奪えないように、今のうちに一つでもなくしてしまったらいかが?と。

最後にあなたにできることを一つ。

核廃絶を訴える署名を今、2010年5月に国連で行われるNPT再検討会議にとどけようという活動をしてる団体があります。

「新日本婦人の会」と言います。街角で署名活動をしていたら、ぜひご協力をお願いします。

政治団体とは関わりない会なのですが、特定の政党の関連団体のように言われ、署名をしないように言われたらそれは間違いだと言ってください。

1000万筆を超える署名を、届けられたらいいなと思っています。

署名なんかで、効果があるの、と疑問に思うあなた、あなたの平和への思いを世界に届ける、これはチャンスですよ。

あなたの名前と、あなたの願いは必ず国連に届けられ、世界中の人の心を動かす鍵になるはずです。
posted by えリィ2009 at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

戦(いくさ)をせんでも、攘夷を成し遂げることができるがじゃ!!!

と、坂本竜馬は叫んだ!!!

これは4月から始まった「竜馬伝」第2部のドラマでの、福山竜馬のセリフ。


鳩山首相、見てますか?この大河ドラマ。

そうなんですよ、戦はせんでも、攘夷を成し遂げることはできるんです、江戸時代の話ではなく、平成の、2010年、現代の話。

なぜ、今、沖縄に米軍基地が必要なのですか?

どこに移転先を探しても、国内で、地元の人が喜んで受け入れる移転先なんか、あるはずがありません。

地元住民の了解を得るなんてことを移転の条件にしたら、5月どころか、永遠に決着はつかない。

ここは、米軍基地を、日本国内から立ち退いてもらうしかないんです。

こんな当たり前のことが、どうして民主党政権にはできないんでしょう。

そんなことできるわけない。米軍基地を沖縄から、日本から立ち退いてもらうなんて、と思ってるあなた、竜馬の時代にも、あなたのような人が大勢いたんです。

戦争で幕府を打ち倒す尊王攘夷なんて馬鹿な考えを持ってた犬猿の仲の薩長を連合させ、徳川幕府に平和的に大政奉還させた勝海舟や竜馬を、ほら吹き、無鉄砲と言ってた人々が。

戦争で相手をやっつけることで、優位に立てるという論理は、国際社会ではもう成り立たない。

ほとんどの国が、平和的に共存しながら、お互いに繁栄する道を模索している現代に、自衛隊も米軍もどんどん基地を広げ、他国の土地を踏みにじって、「この国を守るために。」なんて、時代を逆行する考え方の人たちがかたくなに基地を存続することを主張している。

変だと思いませんか?

核抑止力とか、米軍によって日本が守られているという幻想をはやく捨ててしまいましょう。

むしろ、米軍基地があるから、戦争に巻き込まれる恐れがあるんです。

核兵器があるから、テロリストに悪用される危険が増大するように。

アメリカ合衆国と真に対等に友好国になりたいなら、合衆国が本当に日本と仲良くするつもりがあるなら、即時、日本から基地を撤退するのが本当の道筋ではないでしょうか。

戦わずして攘夷はできる!

そう叫んだ竜馬の志を、私たちは継ぎたい!

33歳にして、理不尽に命を奪われた彼の夢を受け継いで、2010年にぜひ、私たち日本人の思いを、オバマ大統領に、合衆国の全ての人に伝えたい、

そう思いませんか?

世界中の国が、戦争をしないで、それぞれの国を守る。けっして兵器や軍隊の力でなく、信頼と協力の力で。

それはきれいごとに過ぎない、実際はね、とまだ思ってるあなた、「明治維新」は実際に起こった出来事なのです。

もちろんそれは竜馬一人の力ではなく、竜馬に賛同し、竜馬とともに歩んだ無数の人々の熱い情熱と汗と、労働と知恵と勇気と、あらゆるものが、そこに詰まってるわけですが。

「竜馬伝」と「沖縄の基地問題」。

今年一番熱いニュースをお伝えしました。

どっちも最後まで見届けましょう、あなたの人生に深く関わっていますよ。


posted by えリィ2009 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

???ばかりの口蹄疫対策

最近一番トレンドな話題、「口蹄疫」。
Yahoo!これがほんとに正しい宮崎県への義捐金・募金先

、、、と書かなければいけないほど、「義捐金詐欺」が流行っているそうです。

最近、インターネットでの義捐金詐欺も横行。宮崎県内でもネットではなく実際に架空の団体を名乗って、直接訪問する義捐金詐欺が発生。最も未然に防げたそうですけど。

私も義捐金を送ってあげたいんですけど、詐欺が怖くてまだ一度も寄付していません。

Yahoo!のサイトからなら一応安全だと思うんで、紹介しておきます。大丈夫だと思うんですが。

それにしても、分からない事だらけの口蹄疫対策。

初心者の質問ですけど、どうしてワクチン接種したのに、その家畜を殺処分しなければいけないんでしょうか?

ワクチンがほんとに有効だと分かっているなら、健康を快復することが分かっている罪も無い家畜を、まだ発症もしていない小さな子牛や、子豚まで根こそぎ殺してしまう必要があるんでしょうか?

もし、人間なら絶対にあってはならないことですよね。

人間に食べられるために飼われてているだけでなく、乳牛や愛玩動物として飼われている生き物を殺さなければならない人の気持ちになってみてください。

人間に感染しても、生死にかかわるような病原体を持っているわけではないのに。たとえ人間に感染しても、症状が出ることはないとされている病気です。

感染した肉を食べても人間には感染しないとされています。

例えばワクチン接種で感染の拡大を抑えたあと、特定の地域からの肉の出荷や動物の移動を制限し、一定期間を置いて、ワクチンの効果を確かめたあとでどうしても殺さなければならないものだけを処分するというわけにはいかないのでしょうか。

健康な家畜の中には、ワクチン接種だけで快復するものもかなりいるのではないでしょうか?

口蹄疫に詳しい獣医さんや関係者の方の判断できっと全部殺してしまうことになったのだと思いますが、一般市民としてはぜんぜん納得いかない話だと思います。

広がるといけないから、とりあえずみんな処分してしまえ、と言ってるような。

納得いく説明が欲しいですね。辺野古から沖縄の基地が移転しないという首相の説明同様に、感染拡大を防ぐという名目で、罪も無い家畜を大量殺戮していいのかどうか、日本中の人に考えていただきたい。

だって宮崎県以外に感染が広がったら、お肉食べられなっちゃうでしょ、というあなた、例え宮崎県やブランドお肉出荷地域から1年肉が出荷できなくても、市場に肉が出回らなくなることはありません。

感染を広がらなくする手間をできるだけ省くために、皆殺しにするのではなく、大切に育ててきた生物資源をできる限り残して、健康に育てられるものならあらゆる方法で隔離し、出荷までの感染拡大を防ぐ手立てを考えるほうが、また資本を投入して1から新しい家畜を生み育てるより経済的には無駄を省くことになりませんか?

知らないうちに健康な人や家畜が感染したまま全国に病原体を運んでしまう可能性といえば、鳥インフルエンザやB型肝炎、その他の発症しない感染症だって同じじゃないかと思うんですが。

予防ワクチン摂取では国内の広がりを抑えられないんですか?

素人が何を言ってるんだというあなた、是非ご意見をお寄せ下さい。

分からない事だらけ、新聞記事も、ネットのニュースを読んでも私にはそこの所がさっぱり分からないんです。

政府が何を考えてこれほどたくさんの家畜を殺してしまうのか。

posted by えリィ2009 at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

改正貸金業法の改正、あなたは関係ありますか?

時事ニュース。

ご存知かと思いますが、主婦のあなたは金曜日(18日)から、クレジットカードでお金が借りられなくなるかも。

夫婦円満のあなた、ダンナに内緒でお金を借りるとか、年収の3分の1以上のお金は借りられなくなるんです。知ってた?

今朝のNHK番組「アサイチ」でも特集してました。あまりにたくさんの人がこの改正貸金業法の内容や実施を知らないって。

日本ではこの改正法で600万人もの人が借りられなくなり、ヤミ金が横行するのではという懸念が。

テレビの有識者は、この改正法で「多重債務に苦しんで命を断つ人が一人でも少なくなるように。」と言っていました。

改正法で金利の上限が20パーセントと決められたことは大いに賛成だけど、その分、借りられない主婦や600万人の人がヤミ金に走らない対策が必要なんじゃないですか?

あなたはいかが?今借りてるお金は何とか工面して返しても18日からはクレジットカードでは借りられない人かも。

詳しくは一番下のサイトに紹介していますので読んでみて。

なお、この法律は正規の銀行や信用組合などは対象にはなりません。一般の貸金業にのみ適用される法律だそうです。

また、夫の同意書とか、年収の証明書、婚姻関係を証明する書類などを整えて窓口で申し込むなどの煩瑣な手続きがいるものの、全く借りられなくなるわけではありません。

ただ、貸金業者がコスト削減のために主婦や年収のない人への貸付を手控えるのは必至。カードで簡単にお金を引き出せる時代ではなくなります。

借りるより働いて収入を得る。可能ならその道が一番安全なのでしょうが、そんなに簡単に働き口が見つかるなら苦労しないわ、とつぶやくあなた、借りるだけの生活はいつか破綻するんです。

100パーセント夫に頼らず、自分で収入を得る生活を何とかがんばってみましょうよ。

私は今のところパート労働で、自分一人で食べていける生活ではありませんが、人に借金しないで生きていけるようになりました。

願うところに道は開ける。借金して資格を取って、子供が独立したらまたフルタイムで働く。

お金を借りるってことはいつか利息をつけて返さなければいけないわけですから、借りるつもりでその分使わない工夫をしてみましょう。

生活保護だって何だって受けたっていいじゃないですか。お金がないから離婚できないっていうあなた、夫に内緒でお金を借りることができなくなったあなた、今が絶好のチャンスです。新しい道を選んでみませんか?

改正貸金業法、専業主婦借りられない?
 
専業主婦や学生のクレジットカード利用が制限される恐れが出ている。6月に完全実施される改正貸金業法では、借り入れ額を年収の3分の1に制限しているが、これらの非勤労者は「所得ゼロ」と見なされるためだ。

百貨店や大手流通会社などが発行するカードはキャッシング機能も備え、海外旅行でATM(現金自動預払機)などによる現地通貨の引き出しにも対応するなど、高い利便性を発揮している。

しかし、法改正により主婦や学生への融資が実質的に不可能になれば、消費をさらに冷え込ませる可能性もある。

法改正に伴い、すでに収入がない個人への貸し出しの中止を検討しているのは、プロミスなど消費者金融大手のほか、カード大手の三菱UFJニコスや三井住友カード、クレディセゾンなど。

貸金業を手掛ける事業者の8割が中止の方向で検討しているといわれる。6月以降も新規貸し出しを行う方針を掲げているのはセディナなどの一部にとどまる。

新規貸し出しを中止する会社は配偶者などと一緒に発行する「家族カード」への切り替えを呼びかけている。また、個人収入がなくても配偶者の所得証明書や婚姻証明書などがあれば貸し出しを認める例外規定もある。

しかし「そこまで審査に時間やコストはかけられない」というのが業界の大方の判断のようだ
posted by えリィ2009 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

思いやり予算、、誰に、なんのために出すお金?

思いやり予算ってなんのこと?

政治には関心がないあなたにはぜひ知って欲しい。あなたの大切な税金がどう使われているのか。

いろいろな名目で、私達は自分が汗水たらして稼いだお給料から税金が引かれていますよね。

その大切なお金のたとえ1円でも、無駄に使って欲しくない。

そうお考えのあなた、「また今日も難しい話、、、パスしちゃおうかな。」などと思わないでたまには芸能人の噂以外の記事も読んでくださいね。

ウィキペディアによる「思いやり予算」の記事から抜粋。

1978年、当時の金丸信防衛庁長官が、在日米軍基地で働く日本人従業員の給与の一部(62億円)を日本側が負担すると決めたことから始まる。日米地位協定の枠を超える法的根拠のない負担に対して、円高ドル安などによってアメリカの負担増を考慮した金丸が、「思いやりの立場で対処すべき」などと答弁したことから、思いやり予算と呼ばれるようになった。
英語表記でも「Omoiyari yosan」で通用するが、公式表記には「Host Nation Support」(駐留国受け入れ支援)が当てられており、アメリカ政府の高官などは「負担」をイメージさせる「思いやり予算」という呼び名を好まず、日本の戦略的「貢献」という側面を強調する発言をしばしば行っている。
思いやり予算の内訳は在日米軍基地職員の労務費、基地内の光熱費・水道費、訓練移転費、施設建設費などである。思いやり予算の開始当初から現在までに日本が負担した駐留経費の総額は3兆円超に及び、年度あたりでもドイツや韓国と比較して額が多い。そのため、日本は「世界一気前のいい同盟国」と揶揄される一方で、思いやり予算を含めた日本の防衛費が先進国の中では際立って低い割合(GDP比)になっているのも事実である。。(←ここの意味がちょっと分かりません私。)

ベトナム戦争後のアメリカ経済と財政が不振だった時代に創設された制度だが、1990年代までは増加傾向にあった。しかし1999年の2,756億円を最後に下がり続け、現在では2,000億円を切る水準となっている。

1990年代から娯楽・保養施設、果ては日本人従業員に貸与される制服や備品(つまり兵器・将兵への給料・装備品といった物以外全て。施設内ハコモノなど)までも思いやり予算で処理されている事が指摘され、近年にはさらなる「不適切な支出」が明らかとなり、見直すべきとの声が多く上がっている。

民主党政権になって、事業仕分けなるものが始まり、公共事業をとりやめるとか行政の無駄使いを洗いなおす作業が始まったのに、何も手をつけられない、つけてはいけないタブーな領域があります。

それは「軍事費」。

毎年数兆円の軍事費には今までぜんぜん事業仕分けでの洗い直しがされていませんよね。

特にこの「おもいやり予算」なるわけの分からないお金の使い道。

聞くところによると、豪華なゴルフ場や、プール付きの家まで日本に駐留している兵士には与えられるそうですね。

なんでアメリカ軍の娯楽施設や保養施設まで、日本の税金で面倒みなきゃならないの?

消費税を上げる前にやることがあるだろう!!!

みんなの党じゃないけれど、ほんとにその通りですよね。

今、その「思いやり予算」を聖域にしないで、削減を検討しようという動きがあるそうです。

当然アメリカ政府は難色を示しているんですが。

ほんとかしら?ぜひその方向で日本政府はがんばっていただきたい。

Yahoo!の時事ニュースの内容を抜粋します。

防衛省が11年度予算の概算要求で、在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)の全額を「特別枠」に計上したことについて、米政府が事前に日本側に強い懸念を示していたことが19日、分かった。特別枠は公開の場で優先順位をつける「政策コンテスト」で配分が決まるため減額される可能性があり、今後の日米交渉に影響を与える可能性もある。

思いやり予算を巡っては、来年3月末に光熱水料などの負担を定めた特別協定の期限が切れるため、日米間で見直し協議を始めている。8月19日にワシントンで開かれた外務・防衛当局の審議官級協議では、思いやり予算や米軍普天間飛行場の移設問題について議論。この際に日本側から特別枠で思いやり予算を計上する考えを説明したところ、米側が強い懸念を示したという。ただ、日本側は方針を変えることはなく、8月末に全額1859億円を特別枠に計上した。


つまり「特別枠」という枠に思いやり予算も入れて、削減を検討する候補にしようというだけなんですが。

もともと米軍の基地が日本にあるだけでもおかしいのに、その維持経費を日本の税金でみようという発想がおかしいのです。

本当なら日本のほうが米軍に基地専用の土地を貸して、土地の貸出料をもらう。その土地はできる限り、日本の辺境の地。例えば尖閣諸島とか北方領土とかにして、中国やロシアと領海侵犯などで悶着をおこしたら、即アメリカの領土として対処していただく。

これが、借金だらけの日本がアメリカに協力して、国土を守ってもらう極意です。

いかがですか、菅首相。

え?アメリカは日本にお金を払うくらいなら日本から基地を撤退するだろうって?

それこそ願ったり叶ったり。

世界中でもう日本だけです、米軍基地をこんなにたくさん国内に抱えて大きな負担をしてる国は。フィリピンでさえ、米軍基地を国内から撤退させました。

基地によってその土地の産業がさかんになり、雇用が増え、基地のおかげで生活できているんだからそれくらいの支出はやむをえない?

思いやり予算毎年1800億円を使って、いったいどれくらいの人が恩恵をこうむっているかご存知ですか?

基地の周辺でどれくらいの人が騒音に悩まされ、土地を奪われ、命を危険に晒して生活しているか、あなたはご存知ですか?

日米地位協定という19世紀の植民地政策と同様な国際法でもない約束のために、「治外法権」の米軍基地の周辺で、性暴行を受けたり、ひき逃げにあったりした人々が泣き寝入りしていることをあなたはご存知ですか?

「平和な日本を守るためには、しかたがない。軍隊がない日本が外国の侵略をまぬかれるには米軍に守ってもらうしかない。お金を払って、軍隊に駐留してもらって、沖縄の人にはつらいだろうけど、日本のみんなのためにがまんしてもらうしかないよね。」

そんな言葉を聞くと、情けない思いがします。

自分さえよければいい。自分は沖縄には住んでいないし、軍事費、おもいやり予算を配分するのは自分じゃない。

そう言ってるのと同じですもの。

政治に関心を少しでもお持ちのあなた、是非国会や予算委員会のニュースを見ましょうね。

民主党内閣が本当に私達の日本を正しい方向へ導いてくれるのか、それとも軍事大国につきすすみ、自民党政権以上にアメリカと仲良しになり、仲良く一緒に戦争を始める国になってしまうのかを見定めましょう。

政治を動かすのはえらい人ではなく、自分自身だと自覚しましょう。

何もできないなんてあきらめないで。

私達一人ひとりが声を上げて、軍事費を削り、消費税をなくして、アメリカだけでなく中国や北朝鮮、世界中の国と仲良くなれる国を作りましょうよ。

非現実的なんて言わないよね。みんなで願えば夢は叶います。

どの政党を選び、どの政党に国会で活躍してもらうか。じっくり考えて選びましょうね。
posted by えリィ2009 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

続・思いやり予算、いったいいくら無駄遣いしてるの?

昨日に引き続き思いやり予算について。

いったい幾ら無駄遣いをしてるのか。今朝の某新聞(「赤旗」)に書いてあったのでご紹介します。あなたの家には「赤旗」はないでしょうからね。

思いやり予算は1979年から始まり、2010年までの負担総額は2兆1714億円に上ることが分かりました。施設設備費が投じられた施設は66基地。正式に政府、防衛省が作った資料です。

整備数の最も多いのは家族住宅で、総額は5510億円。1戸あたりの建設費は平均約4800万円。日本の平均的な住宅と比べてこのお値段はいかがでしょう。

他には滑走路や駐車場、格納庫、空母の係留施設、学校、育児所(保育所?)厚生・運動施設、病院、郵便局などなど。

思いやり予算の一番の使い先として、1位は山口県の岩国基地、2位は青森県の三沢基地、3位は神奈川県の横須賀基地、沖縄県の嘉手納基地は第5位。沖縄は他にベスト10に入る基地が2つ。

意外だったでしょう、日本国中に思いやり予算を投入した米軍基地がちらばっていて、沖縄だけにお金が使われているだけではないと分かって。

あなたはこの事実を知ってどうお考えですか?

なるほどこの日本中に66箇所ある基地のおかげで、日本の産業は活性化されている、基地のおかげで多少日本は景気が保たれている???

2兆円もの私達の血税を、もし、日本の中小企業を活性化させるために使い、労働者を正規雇用するのが当たり前の社会にしてそこではたらく人も十分な給料をもらって内需を拡大させ、消費を盛んにして結果的に大企業も儲ける社会にするために使っていたら、米軍基地にこんなにお金を使わなくても景気はもっと良くなっていたはず。

なんで日本の政治家は、民主党の偉い人はそんなことが分からないんですか?

これじゃ、自民党政治と何も変わらない。

あ、「赤旗」にしかこんな記事は書いてありません。他の一般紙には書かれていない記事をあなただけにご紹介。

いやあ、赤旗は嘘ばっかり書いてるから。どうせ共産党に都合のいい事しか書いてないし。

そういうあなたは赤旗を一度読んでみて。他の一般紙と比べると面白いですよ。あなたの頭を使ってじっくり読み比べてみるといろいろ面白い事が分かります。

政治に関心があるあなた、もしくはすでに支持する政党があったり、○○党員のあなた、このブログの書き手はちょっと偏ってる。もうこのブログはよそう。などと敬遠しないで。

あなた好みの記事も書きますから、待っててね。

追記:「米軍基地がなくなっても沖縄は困らない。」という趣旨のサイトにひどい誹謗中傷が書かれているのを見つけて心をいためています。その方々の考えはおおまかにいうとこんな感じ。

○米軍基地がなくなって困らないのは公務員だけ。この不景気に基地が無くなったらほとんどの人は商売やってけない。

実際に基地の周辺で米軍基地のおかげで商売を保っていらっしゃる方の切実な思いだと思います。相手をなじるような下劣な言葉で書いて欲しくはないです。そういう方にこそ、この記事を読んでいただきたい。

日本をこんなに不況にした原因は何か?

もっと不況にしないために、私達に何ができるか?

考えていただきたい。&ご意見をお待ちしています。
posted by えリィ2009 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

ホットなニュース、ケーキと尖閣諸島どっちがお好き?

今朝のアサイチで話題の食材。

ホットケーキ。すごい人気のお店が紹介されていたり、ホットケーキミックスがすごく売れてるってお話を聞きました?

さっそくスーパーのホットケーキミックスを買いに走ったあなた、ミーハーって言われませんでした?

ホットケーキを作るの昔から好きだったあなた、いまさら何を、としらけてないで一味違ったホットケーキをお試しあれ。

ホットケーキの上にアイスクリームをのっけて食べる。

ホットケーキの中にはさんで食べてもいい。

どらやきか大判焼きのように、中にあんこやカスタードクリームをはさんでワッフルのようにして食べるのもオツ。

朝ごはんにするならホットケーキサンド。

要するにサンドイッチのパンの部分をホットケーキに代えるだけ。

温かいホットケーキ(パンケーキとも言いましょうか。)の上にハムや卵、レタスやキャベツ、トマトなどをのせ、はさんで食べるだけ。

ほんのりした甘さがいいんです。

ホットケーキミックスはいろんな会社が出してるけど、お好みの甘さのを選ぶのがコツ。


さて、次にホットなニュースと言えば、尖閣諸島付近での船の事故。

中国人の船長さんが釈放されるまでこの騒ぎは続くんでしょうか。

船で船に体当たりとはよっぽどくやしい思いをしたのか、日本に恨みがある人なのかしらね。

領海侵犯だけでなく日本の船に故意に衝突したなら、当然罪に問われるべきでしょうが、証拠となるのはその時の録画映像だけ。

中国政府にその映像を見てもらって、こんな危ないことをしないようにと中国政府から本人に厳重注意してもらいましょうね。

この関係のニュースがこのところ色々なブログに載せられていますが、ほとんど他ニュース記事のコピーだけで、管理人さんの意見がきちんと書かれていないことが気になりますね。

その記事へのコメントも野次や中傷のような内容しかなくてがっかりです。

もっと真剣に議論してほしいなあ。

私はもう少し勉強させていただきます。お待ち下さい。
posted by えリィ2009 at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

尖閣諸島よりも命が大事

「資源のない日本なんかに攻めてくる国なんてあるの?」

そういう人が私のまわりには少なからずいます。

憲法を改悪して、戦争できる国にする悪い目論見をなんとかやめさせようとする人たち。

逆に、「いつ北朝鮮が攻めてくるか分からないから、この際、時代遅れの憲法九条を改めて、日本もアメリカに頼らず自力で自国を守る軍隊を作らなきゃ。」

という人もたくさんいます。

戦争がたくさんの人を一度に殺す大量殺人行為であることはみんな知っているのに、人殺し活動のために給油したり、お金を出して戦争に出かけていくよその国を応援するのを、当然のことと考える人もいます。

「国際貢献しなきゃ、いざと言う時に他の国に助けてもらえないでしょ。」と。

今、尖閣諸島の領有権について色んなサイトで勉強してるんですが、日本に資源がない、なんてとんでもない話です。

今大問題の尖閣諸島、近年になってその海域でたくさんの油田が発見されたそうですね。尖閣諸島を領有することは、そこの油田がどの国に所属するかを意味しているんですね。

確かに日本は陸地にはもう石油やその他の資源はないけれど、周囲の海域の魚介類や石油なんかはまだまだ、知られていない資源や食料の宝庫なんですね。

今、日本を追い抜き、アメリカに次ぐ経済大国となった中国は、日本を含めた近隣の領海を広げようと画策しています。

領海もしくは排他的経済水域。って何?

またまたウィキペディアより引用。

排他的経済水域(はいたてきけいざいすいいき、exclusive economic zone; EEZ)とは、国連海洋法条約に基づいて設定される経済的な主権がおよぶ水域のことを指す。沿岸国は国連海洋法条約に基づいた国内法を制定することで自国の沿岸から200海里(約370km<1海里=1852m>)の範囲内の水産資源および鉱物資源などの非生物資源の探査と開発に関する権利を得られる。その代わりに、資源の管理や海洋汚染防止の義務を負う。
日本では1977年に改正された領海法と漁業水域に関する暫定措置法が施行されたことにより設定された。


「自国の沿岸から」というので、たとえ小さな小島でも、その島を領有していればそこから370kmもの海域の漁獲類や鉱物資源が手に入るのですから、尖閣諸島をどの国が領有するかは中国にも日本にも大変な問題。

余談ですが、島根県と韓国の間でも同様の領有権にかかわる「竹島問題」として話題になってますよね。

たかが無人島、されど、、、。

なんとか共有したり、共同で開発する道はないのでしょうか。

どちらも古来からの自国の領土として譲らないのでは、この先本当に戦争ということになってしまいます。

核兵器を持った大国、中国が日本を脅かし、尖閣諸島をわが領土と主張し、方や憲法を「改正」して軍隊を持った日本がアメリカの協力を仰いで第三次世界大戦という流れにならないことを祈ります。

何よりも国際的な世論を盛り上げることが大切でしょうか。

この際、もともとどちらが領有権があるかという議論ではなく、争いを避け、人質を取ったり、輸出を制限したりしている中国に対して世界中の声として間違っていると説得しなければならないですよね。

何をそんなあまっちよろい事。とお考えのあなた。

「何で日本の領海に侵入し、故意に船をぶつけてきた中国人船長を、簡単に本国に送還なんかしたの。そんな事したから、中国にも世界中にもナメられちゃったのよ。」

とおっしゃる事でしょう。

アメリカの国務次官補という方がおっしゃってましたね。アメリカはどちらにも組しない、中立の立場であると。日本の対応は迅速で適切だったと。

中国人船長を即刻釈放したのにも関わらず、フジタの社員が向こうで長期間拘留されて人質交換するにも切り札がない状態は歯がゆいことです。

もしかしたら4人の命は危ないかもしれません。

あまつさえ損害賠償などと不届きな主張をする中国に対して、腹立たしいのはもっともですが、それよりも大切なことは戦争をしないこと。

話し合いで説得する。国際世論で中国を動かす。

この道に向かわずして、戦争をさける事はできませんよ。

今までいく千年の戦争の歴史は領土の奪い合い、資源の奪い合い、奴隷の奪い合い。

これからの戦争はそれに付け加えて、「情報操作による人民へのあおり」が付け加わります。

第二次世界大戦もそうでした。

本当は負けているのに勝っていると思わせる。

「鬼畜米英」と呼ばせ、まるで日本人より下等な人間を優秀な日本人が支配するのが当然と思わせる。

北朝鮮や中国では心も経済的にも比較的豊かになった人民をあおり、「過去に植民地とされ苦しめられてきた自分たちが日本人から奪われた領土を取り返す時が来た。」

と鼓舞する。

戦争を起こして一番得をする人。それは武器を作って売る人。それを使って戦争をさせる為政者とその手先の軍隊。

戦争をするための口実で一番国民が賛成してくれる理由。

それは「自国への侵略」。

つまり、どちらもが、ある場所を自分の国(あるいは排他的経済水域=その国の為政者が自分で好きにできる海や陸の別称)だと主張し、そこへ侵略する他国から自国を守る。

国家の挑発に乗ってはいけませんよ、みなさん。

レアアースを売ってくれないなら、どんどん中国に行って、中国の人と友達になりましょう。

パソコンの基盤なんかをくれぐれも輸出禁止にして、中国との関係を悪化させるのではなく、中国にも世界中にも、日本にしか持っていない特許や技術を持って中国に行き、どんなに日本と仲良くすることが中国にとって大切かを分かってもらおうじゃありませんか。

中国の方にどんどん日本に観光に来ていただいて、「また来てみたいな。」と思って下さるようにもてなしましょう。日本政府の偉い人、くれぐれも観光を制限したり、資源の輸出を禁止したりしないで下さい。

反目しあっても何も物事は良くなりません。

過去の戦争の大半は、ごく一握りの人が儲けるために、無数の民衆が扇動され、「自分たちの住処が荒らされる。」「戦わなければ殺される。」と思い込ませられることから初まります。

このブログを読んでくれる人の中に中国の方がいらっしゃることを切に願います。

日本人は決してあなたがたの土地を奪おうとは思っていません。

海の上に領土の線をひくために、命を落とすのはお互いに馬鹿らしいとおもいませんか。

どちらが持ち主だとて、一緒に使って、一緒に幸せになる道を考えましょうよ。

甘いといわれようが、命こそ一番大切。

穏やかに話し合いができる間に、落ち着いて一緒に考えましょう。

もちろん日本人のあなたもね。

PS:さっそくコメントをいただきました。こんなに真面目に日本の政治や未来を考えている人がいるって分かってうれしいですね。

コメントを下さった方に。中学生でも私の考えは間違ってると分かる、というご指摘ありがとうございます。

あなたのお考えには一理あります。

中国人が軍隊を持って日本を威嚇したり、レアアースの輸出を止めたり、店や商社を襲ったりしてるのに仲良くしようなんて頭おかしいんじゃないの?

(レアアースの輸出を止めているのは中国の国策ではないというニュースがありました。公式には輸出を禁じてはいないようです。)

平和主義なんてきれい事をならべても妄想に過ぎない。むこうが侵略をちゃくちゃくともくろんでいるのに、こちらは外交で中国を説得するなんて非現実的、と。

ならば、それに代わるよい考えをどうぞコメントしてくださいな。

尖閣諸島に関する私のほかの記事も是非読んでくださいね、AT様。


(日本が中国に対抗できるように憲法を「改正」し、軍備を持つことによって尖閣諸島を守る。あるいは日本でも中国人の商社やお店を襲撃して対抗するとか。)

「世界中が平和であってほしいと願わない人は心が腐ってる。」

などという考えを大勢の人に強制したり、イデオロギーと称して洗脳したりが果たしてできるかどうかも疑問に思います。

私は心から、自分の家族や愛する人が無残に戦争で殺されたり、人殺しに海外に出かけていったりしてほしくないと思います。

ただそれだけのために「世界の平和」を祈ります。

この記事を読んでいる方のコメントをお待ちしています。

posted by えリィ2009 at 14:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

中国から尖閣諸島を守らなくっちゃ、でもどうやって?

と心配なあなたのための記事。

あんまり心配じゃないあなた、またまた政治の話でごめんなさい。

でも一番人気なんですよ。女性もやっぱり政治に関心がある!当たり前ですよね。

尖閣諸島にたむろしていた中国の監視船がいなくなったとか。

中国は領土であると主張するのをやめたわけではないので、また大きな船団を作って前よりさらに強硬な手段で尖閣諸島に乗り込もうとしているのでは、、、?

と危惧しているあなたに質問。

尖閣諸島を日本も、中国もどちらも自国の領土と主張して譲らないのはなぜですか?

答えは、尖閣諸島の周辺の「排他的経済水域」と呼ばれる海の底にかなりの石油資源があることが最近の調査で分かったあたりから、だんだんと事がこじれてきたというのが本当みたいです。

追伸:昨日のニュースだったかな、石油資源だけでなく、金鉱石やら、種々の貴金属がたんまり埋まっている可能性のある海域が日本の研究チームによって発見されたそうです。詳しくは以下のサイトに入ってみて。↓

ますます中国との対立が深まりそう。


尖閣諸島の領有権についての解説サイト(毎日ニュース)

古くから中国の文献にも日本の文献にも尖閣諸島の存在は認められているのですが、島そのものの領有権が欲しいというより、その周り12海里の「領海」や領海の外の200海里以内の海の中にオイシイ資源があるというので最近になって注目を集め始めたようです。

漁業権を争うだけじゃなくなって来たんだよね。

排他的経済水域について、他のサイトより抜粋します。

オールアバウトビジネス・排他的経済水域基礎知識

海を持つ沿岸国が、天然資源など「経済的」なことに対して、「主権的行為」をとることができる、つまり自国の支配下におくことができるという海域のことです。

ですから、海中の水産資源や海底の天然資源は、排他的経済水域を持つ沿岸国のものであり、よその国の人が勝手に取っていくことはできません。……こういう権利が、「経済的主権」というものの一例です。

また、沿岸国は人工島などの施設を作ることもできます(ただしこれらは領土にはなりません)し、海流や風を利用した発電などを行うこともできます。そしてそれらについて国内法で定めを設けることができます。

この水域は、国連海洋法条約によって、沿岸から最大200カイリ(1カイリ=およそ1.8km)まで設定することが認められています(第57条)。半径200カイリの円には、九州・四国・本州の半分を収めることができます。


さて、日本は自国である尖閣諸島への侵略を阻止するために、憲法を改正し、軍隊を海域に派遣して中国軍と戦うべきなのでしょうか。

それとも海上自衛隊を派遣し、排他的経済水域に入り込む中国の調査船を片っ端から拿捕し、処分保留で本国へ送り返すしかないのでしょうか。

「何度でも行く。」と言っている例の中国人の船長を今度こそ逮捕し、釈放する代わりに捕まってるフジタの社員を解放してもらうなんてどうかしらね。

前回の記事で、領土より命が一番という記事を書きました。いつの世にも自国の領土を「守る」という名目で戦争を始める人がいる。その扇動にあおられて、無数の命が無駄に失われてきたことはこれまでの2つの世界大戦の歴史を通しても明らかです。

お互いが自国の領土を主張して譲らず、相手の侵犯があったからと軍隊を派遣し、相手国を挑発するようなおろかな選択を、どうか日本政府も、中国政府もしないでいただきたい。

中国国内では日本をバッシングする動きがまだかなりあるようですが、日本国民はそれに応じて、

「だから中国人は油断がならない。」

などと中国の全ての人たちの存在を否定するような考えがまかり通ってはならないと私は思います。

尖閣諸島がもともとどちらのものだったのか、この際、そんなことはどうでもいいじゃありませんか。

たとえ先に見つけた人の国がその島をもらう、という国際条約になっていても、大昔の文献に書いてさえあれば先に見つけたということになるのでしょうか?

その島に先に上陸して、実際に生活したり、実質その島を活用している人が多い国のものというのが国際的に認められたとしましょう。

先にわずかの住民が平和的に住んでいた島に、新たにやってきた人々が武力で先住民を追い払ってそこを占有したとすれば、先に住んでいる人の島ではなくなってしまうのでしょうか。

戦争によって領土をむしりとるのと同じやり方で、占有した人の国の領土ということになっていいんでしょうか。

同じ地球の人間として、地球から贈られた宝物を仲良く分け合うことが、なぜできないのでしょう。

両国が領有を主張して、巡視船や調査船、海上自衛隊を派遣し、兵器や爆弾を積んでお互いに相手を威嚇しあうその経費や人材がもったいないと思いませんか?

なぜもっと有効な方法で、もっと簡単な安い方法で、技術提携や、共同開発しながら、お互いに利益を折半したりする大きな心や見通しを持てないのでしょうか。

中国人の方に是非この記事を読んでいただきたい。

「日本は間違っている!」

「日本人の横暴を許すな!」

「我々の尖閣諸島を返せ!」

日の丸を破り捨てたり、無実の日本人社員をみだりに拘束している人々に。

あなた方の愛する中華人民共和国はすばらしい国だと思います。

わずかの間にめざましい発展をとげ、今や日本やアメリカ合衆国を追い越して世界一の経済大国、世界一の豊かな国になることができました。(GDPではアメリカについで2位。日本を追い越して。実際にはすでに世界一でしょう。)

でも、その驕りにまかせて、他の国の言い分を聞かず、国際協調する力を持たない国は、決して長く世界のリーダーでいることは出来ませんよ、と。

武力で他国を威嚇し、領土を拡張してそこから資源を得る、あるいは自国の領土から出てきた資源を高く他国に売りつけて利益を得て国力を高める。

そんな時代は終わりました。

21世紀は、世界中が協力して、限りある資源を分け合っていく時代です。

無尽蔵にあった(あると思われていた)石油エネルギーはやがて枯渇し、原子力エネルギーも未だ安全性が確かではありません。

海中の水産物や陸地の農作物も、世界中が仲良く分け合って、技術協力して育てていかなければ、いずれの国も必ず足りなくなってしまうのです。

尖閣諸島を日本から取り返しても、排他的経済水域で中国が石油掘削の利権を一手に握ったとしても、長い目で見ればいつかは枯渇します。

それよりも、日本とほどよく折り合いをつけて、日本人観光客を広大な中国の風光明媚な観光地に呼び込んでみたり、日本の一流企業の進出によって中国人の雇用を増やしたり、一緒に石油エネルギーに代わる新しいエネルギー開発したりするほうがずっと国のために役立つでしょう。

いや、世界の中心としてのリーダーシップが取れる国ということを世界中が認めることになるでしょう。

9億人と言われるほどの人口の国が、世界一の技術と経済力を持つというのは、世界の歴史に前代未聞の出来事です。

様々な考え方の人がいて当然。日本人を悪く言う人はきっと一握りの人。大部分の中国人は、どの国の人とも平和に仲良く暮らしたいと願っていると私は思いたい。

扇動的な中国人の様子をTVニュースに映し出し、あたかも中国人は全て日本人に敵対していると思いこませる。

それこそが日本を「軍事大国」にしたい誰かの陰謀ではないかと、疑ってみませんか。

「自分たちだけが儲けたい、、、自分たちだけの領土を取られないように守りたい、、、」

そんな人々に、騙されてうかうかと大切な命を失う戦争を始めないように気をつけましょうね。

「地球人」のあなた。
posted by えリィ2009 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。