2013年10月24日

秘密保全法(特定秘密保護法)に反対すると、警察から「へんな団体に影響を受けているのではないか。」と身辺を調べられる日本。これって思想弾圧じゃない?

秘密保全法を国会で成立させようとする政府は、最近やたらに、どうでもいい犯罪(当事者の方はごめんなさい、ご不幸をお悔やみ申し上げます。)のニュースを何度も流して、国民の関心を最も重大な悪法の成立や垂れ流しの汚染水問題からそらすようにマスコミにいいつけています。

あなたも騙されているんですよ。

でも、秘密保全法のことをブログに書くと、藤原紀香さんのように警察に私生活をかぎまわられ「悪い団体に影響を受けているのではないか。」と痛くもない腹を探られます。

藤原紀香は「シロ」公安警察に背後関係を調べられた秘密保全法の怖さ

シロだ、なんてまるで、秘密保全法に反対する団体や個人は犯罪者だというような書き方をしているサイトをみつけました。ネットサイトも警察も、秘密保全法が成立していない今でさえ市民を監視し、脅しをかける道具になりつつあります。このサイトを読むと、怖いのは秘密保全法ではなく、秘密保全法のことはブログに書くなよという脅しの怖さ。紀香さんのようになるぞ、うかつな事を言うなという芸能人への脅し。

秘密保全法について、分かりやすく説明してるサイトをいくつかご紹介します。

秘密保全法ってなあに?中学生にも分かるサイト

秘密保全法を阻止しよう 漫画で分かるサイト 

日本弁護士連合会のサイト 秘密保全法とは?

以下は藤原紀香さんのサイトを紹介したものです。

藤原紀香さんのブログでの発言の勇気を称えたい YAHOO!ニュース

藤原紀香さんのブログ抜粋・フェイスブック

早々と消されてしまわないうちにシェアをお願いしますね。あなたのサイトに「こんな法律がまかり通ったら大変だ。」などと書いたら、公安警察が来て、しょっぴかれる日も近いかもしれません。

そうならないように、悪い自民党をやっつけましょう。

FBに「嘘つき自民党」と書いたら先日、見知らぬ人から「お前こそ嘘つきだ。」とコメントされました。誹謗中傷ではなく事実ですよとコメントを返し、いかに自民党が選挙を嘘でかためて勝利したかを説明してあげました。

オリンピックの招致の時も、「汚染水はコントロールされてる」と安倍は大嘘をついた。今では東電も正直に言ってるくらい、収拾つかなくなっている。放射能汚染は日本中、いや世界中に広がっているのに、世界がすでに日本の食品を輸入規制し始めているのに「東京は安全」などと大嘘をついていることを教えてあげました。

未だにその人からは返事が返ってきません。

自民党政治が消費税増税、TPP参加、原発再稼動、原発輸出、憲法改悪、オスプレイ&米軍基地強化など、坂道を転がるように悪くなっていくのに、秘密保全法を作って今度は、悪い政治に気づかせようとする国民の口をふさごうとしています。

きっとこんな嘘つきサイトだけが日本にはびこって、太平洋戦争末期の日本のように「鬼畜米英に常勝」。

「日本は放射能汚染なんかされていない。放射能はブロックなんかしなくてもいい、全く健康に影響はない。」と思わされる時代が来る。

池田信夫 日本の汚染水はただの汚水。のんでも安全です

「東京にはもう住めないほどの汚染が広がっている」 福島最悪事故の陰に潜む真実

フクイチから放出された放射性核種

あなたは、どちらを信じますか?秘密保全法が通ったら、政府に都合のいいサイトだけが残されるんですよ。

何らかのアクションを起こしたい人は、以下に署名を。「何の意味もない。」などと言わずに、無能な国会議員どもに目を覚まさせてやりましょう。

すべての国会議員へ「秘密保全法に賛成するな。」の意見キャンペーン
【関連する記事】
posted by ma1115 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック