2013年06月24日

東京都議選結果、あなたはどう見る?自民圧勝で夢も希望もない? それとも、とりあえず政治が安定してくれて景気よくなって助かる?

本日24日、昨日の東京都議選の結果が出ましたね。新聞、テレビが報道しているのは一様に「自民党圧勝、民主党、維新の会は惨敗」で、後の党のことなどなかったかのよう。

朝日新聞では、「その他」の数が17と書いてるんだけど、その数全部が、実は日本共産党。8議席から17議席に増えた党を全く無視して、2議席にとどまった維新の会、日本共産党より2少なくなった民主党をインタビューするなんて、さすが、日本のマスコミ。

結果がきちんと出ましたので、以下のサイトを見てください。山陰中央新報の記事は昨日の夜11時現在の結果なので、日本共産党は14議席獲得と書いてますが、正しくは17議席獲得です。お詫びして訂正してくださいね、山陰中央新報さん。3人の差は大きいですよ。

平成25年6月23日 東京都議会議員選挙  開 票 結 果 (平成25年 6月 24日 01時 00分 確定 )

難問クイズです。

「日本共産党が17議席、第3党に躍進した東京都議選。第1党は自民党ですが、○○議員だけ見ると共産党はダントツトップです。さて、○○とは何?」

以下のサイトで答えが分かります。

JCPツイッター☆クイズ 東京都議選、共産党は○○議員で第1党

答えは 女性 です。

17人中11人が女性で、自公をあわせた数の約2倍です。

日本共産党  17人    うち女性11人
 みんなの党  7人         4人
 自民党   59人         3人
 公明党   23人         3人
 民主党   15人         0人
 日本維新の会 2人         0人
他に、生活者ネット3人、無所属1人が当選(いずれも女性)。

投票率は「過去2番目に低い43・50パーセントだった。」と、読売新聞のサイトに書かれています。

維新惨敗2議席、みんな・共産は大幅増…都議選  読売新聞 6月23日(日)23時33分配信

また、今日の東京新聞(朝刊)に掲載された都議選関連の記事には「自民党は36.1%の得票率で46.5%の議席を獲得した。棄権した人まで含むと、全有権者の約15、4%の票しか得ていない」と記されていると、私のフェイスブックの友人からの情報です。

2013年 東京都議選のデータ分析

どの政党も全部、絶対得票率が下がっています。

ちなみに都議選はほとんどが中選挙区。一人区、いわゆる小選挙区状態になってるのは、42区のうち、7区しかないそうです。

小選挙区が幸いして、自民党が圧勝したのではなく、得票率が低かったので自民党が有利になったということになります。

選挙なんか意味がない、関心がないと思うほどに、自民党が圧勝するということ。あきらめて投票しない人が増えると、自民党が勝つ。

でも、新聞を読む人は、「やっぱり自民党が圧勝。安定した政権を日本人が望んでいる。」と思い込まされ、安倍は自分のアベノミクスがよい評価を受けたと勘違いするわけです。


もう一人のフェイスブックでのご意見を紹介。

自民党が勝ったのはいやだけれど、共産党が野党第一党になったことはでかい。

副議長をすることになる。


そして、日本初の地方議会における公開、テレビを議会に入れることができる。

公開は議長や副議長の提案で行われる。議長が逃げたら、副議長が変わって公開を導入できる。今までの一人都議の短い時間から、革新都政だったときのように十分な時間で話し合うことをテレビを入れて記録しながら、都民全体が見ることができるようになる。
 
福祉や介護、保育や、都内におけるブラック企業の摘発もテレビ中継しながらブラック企業の代表を呼ぶことができるようになる。これはでかい。


生活保護も守ることができるようになるだろう。この二議席はでかい。


引用はここまで。

自民党が圧勝したというので、安倍首相はアベノミクスが認められたと勘違いしてるけど、本当は民主党のあまりのふがいなさと不誠実に愛想を尽かし選挙に行く人が激減した。自民党には投票したくない、でも維新はもっといやだという人が、今度こそ日本共産党を選んでくれたかなと、ちょっと安心。

維新の会が第3極でもなんでもなく、自民党の分派であることが都民には分かったのでしょう。自民党と同じペースで一挙に支持者が増えることはないでしょうが、日本共産党が8議席から17議席に増えたということは、ほかに選択肢がないから共産党ではなく、積極的に支持した人が増えた結果。他党と選挙協力をしなくても躍進できるという証拠です。

自民も公明も、共産も支持していない人にとっては、「世も末」と感じていらっしゃるかもしれませんね。

次回は、日本共産党をあなたにおすすめする記事を書きます。

「共産主義者の党なんかいらないよ。景気回復のため、政治の安定のためにはどちらかと言えば、自民党がましかな。」とお考えの方是非に読んでただきたい。

洗脳されるなどという心配はいりませんよ。私など、5大新聞やネットニュース、聖教新聞まで幅広く読みますけど、未だにどれにも洗脳されていませんから。

日本共産党員はみんな共産主義者で偏狭な考えの人と思いこんでいる硬い頭の人を柔らかくして差し上げましょうね。いろんな書物を読んで勉強してきた博識の方や、毎日テレビニュース見たり新聞ばかり読んでる頭でっかちの人に多い誤解を解きたいと思います。
【関連する記事】
posted by えリィ2009 at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
都議選での日本共産党の躍進は快挙です。とても嬉しいです。でも、得票の推移を分析してみると、前回、前々回よりも票数を減らしている選挙区が多くあります。無党派層の20%が共産党に投票したとマスコミに出ていました。とすると、固定的な共産党支持者数が減ってきているということになります。このあたりに本気でメスを入れないと、これから躍進に次ぐ躍進を実現することが困難になっていくと思います。

コメントをありがとうございます。

そうですね、あなたのおっしゃるとおりと思います。

1つだけ、無党派層が日本共産党を支持しはじめたという現象は、私はいいことだと思っています。

「共産主義」は悪だ、自由がないと洗脳されている知識人や新聞をよく読む人たちをよそに、ネットで情報を得たり、地域のしがらみ、職場ぐるみ選挙にかかわりがない人たちが、日本共産党」を新鮮な目でみてくれるという、新しい時代に入りつつあります。

党員が増えることはもちろん大切ですが、日本共産党が「脱原発」「戦争反対」「憲法を守る」「TPP,消費税など国民生活を破壊する政治」に真っ向から反対する、嘘をつかない政党だと、支持政党がない人たちに注目・期待されているということ。

得票数は、都議選では全ての政党が票を減らしましたが、参議院選挙では、日本共産党は160万票も得票を増やし、6議席から11議席に躍進しましたね。

たったそれだけでは自公に対抗できないと思う人も多い。でも、自公に入れた人は、有権者の20パーセントしかない。(6割の投票率で、3割の得票)

日本共産党は9、5パーセント。この数字をできるだけ上げて、拮抗する政党にしましょう。

「どうせ自民党が勝つに決まってる」という騙し、世論操作をするマスコミにも負けないようにしましょうね。

まだ、地方選挙という手があります。共産党の市議や、市長がたくさん当選し始めています。
Posted by 木原健治 at 2013年06月29日 18:43
はじめまして呉民商を守る会と申します。

今年も、もうすぐ8月6日がやってきます。
原水禁運動において日本共産党は社会主義国の核兵器を容認し、核の平和利用を唱えました。
このとき、全ての核に反対する勢力と対立し、原水協は分裂して現在に至っています。

日本共産党の上記2点について、どうのようにお考えでしょうか。また、大衆団体を支配しようと不正を擁護する態度をどうお考えになりますか。
【豊島民商を糾す会】
http://www12.ocn.ne.jp/~tminshow/

初めまして。このブログの管理者です。

私の見解と全く違っていますね。

私は日本共産党は「核の平和利用」などは、1940年代の昔は知りませんが、1960年以降は全く否定していると思っています。

社会主義国の核兵器保持を容認したこともないと思います。社会主義国だろうが、どこの国の核兵器、軍備であっても。

戦争や軍備増強に92年間ずっと反対してきた政党です。

人間のすることですから、92年の長い歴史の中で間違った方向に進んだ時期もありました。

いずれにしても、守るべき憲法は守る一方、核兵器、原発が人類にとって破滅の道であるといち早く気づいて軌道修正できた党であることは間違いないと思います。

2度の原爆投下、敗戦、福島原発事故を経験してなおも、軍備増強、原発再稼動、原発輸出、核兵器を持とうとする自民党などに比べたらはるかに現実を見極め、現実に対応した政策を持っている政党だと思いませんか?

もし、日本共産党が核兵器保持を容認したり、核の平和利用を主張した事実が分かる記事などありましたらご紹介ください。


また「大衆団体を支配しようと不正を擁護する態度」とは具体的に何かを教えてください。コメントをお待ちしています。
Posted by 呉民商を守る会 at 2013年06月30日 17:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367414217
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。