2012年12月12日

あなたはまだ信じるの?マスコミの政党支持率、予想投票率。大本営発表「日本軍の勝利!」終わってみたら惨敗したのは日本だった。歴史を振りれば真実は明白

あらゆるマスコミがまるで戦前の大本営発表のように「自民党単独圧勝!」と言ってますね。

おかげで株が値上がりし円安が進行。こんなところに新聞の嘘報道の意図があるのかも。

日本共産党はあまりの捏造予想支持率報道に、全ての新聞社に抗議を文書で発送。

日本人がいかに新聞や噂に惑わされやすいか、戦前の「日本が常勝」というデマをたやすく信じさせられたわけが分かります。なんで国民は侵略戦争を見抜けなかったのかと昔の人を批判する人がいますが、これほど四方八方「自民が圧勝」と書かれると、頭の中は「どうせ選挙に行ってもつまらないし。」となってしまいます。

自民党はできるだけ、今回の選挙に関心を持ってもらいたくない。投票率を下げれば、小選挙区の日本では第一党が絶対有利なのは分かっています。だからもう勝敗が決まったと宣伝して国民に選挙に行かせない様にするんです。

小選挙区制、政党助成金、高額な選挙立候補の供託金が、国民の意思に背くことばかりきめる自民党を安定多数にしてきた仕掛けです。

皆さん、どうせ誰にいれても政治家は嘘ばかりつくと政治不信に陥って、選挙に行かないという選択をしないでください。今度の選挙は原発なくせるかどうかもですが、あなたと大切な人の命が懸かっています。

自民党小選挙区の候補は、選挙公報に載せる公約に「憲法改悪」「軍備増強」「自衛隊を国防軍にする」を明記しません。

維新の石原さんが、街頭演説で「日本は徴兵制をするべき、核兵器を保持するべき。」と訴え、「政権を取った自民党と一緒になってやっていく。」と言ったことも、それぞれの選挙区で、維新の候補者は言いません。

あまりに過激で、そんなことを書いたり言ったりすれば、いくら地域ぐるみ、企業ぐるみ、世襲のだんさん政治の田舎でも受け入れられないことが分かっているからです。

小選挙区の田舎ではお年よりは、ツイッターもネットもしません。新聞やテレビさえも見ない人が多いので、自民党が軍隊を作るとか、徴兵制をするとかを知らないで、いつもどおりに自民に投票してしまいます。

軍隊を作るとテレビで知っても、「しかたがない、誰もが自民党がいいといってるんだから。」といいます。

国民の皆さん、本当に半数以上の人が自民党に投票すると信じますか?本当にあなたは軍隊に入って、北朝鮮や韓国や中国へ戦争に行きたいと思いますか?

本当にわが子や夫が戦地に送られても「日本の国を守るために働いてください。」といえますか?

女性も徴兵制では兵隊になります。

国民よ、本当のことを知って、周りの人に伝えてください。

新聞の言ってることは嘘だよと。

マスコミが大嘘をついている証拠を発見。以下のサイトを読んでみて。

その1、

12月9日 自・公・民推薦の現職の長崎県・島原市長が、無所属の新人に負けた。

号外!マスコミ報道と真逆が・・長崎市長選

横田氏は政党や企業など約450の推薦を集め、組織戦を展開したが再選を果たせなかった。汚職事件やスキャンダルもないのに、現職の市長が敗れるなんて今までの日本にはありえない。

その2、
12月3日 三重県、桑名市長選挙結果、日本未来の党所属候補が、現職を3倍近い得票で破る!

正しい情報を探すブログ

「ここからが新しい歴史」 桑名市長選初当選の伊藤さん

42352票 伊藤 なるたか(前回17486)
36 男 無所属 新 無職 前桑名市議会議員

16254票 水谷 元(前回23249)
56 男 無所属 現 桑名市長

例によってマスコミは一切無視です。

ツイッターやブログにはこの二つの選挙の結果がどんどん公表されてますが、公のサイトでは次々にこの選挙の情報が削除されてるそうです。お金がマスコミだけじゃなく、ネットにも流れてるのかな?

最後に。今からでもできる草の根の選挙活動のすすめ。

私は30人の友人に、新聞赤旗11月28日に載せられた「自民の政権公約に明記」「国防軍、名前変えるだけ?」「戦争できる国になる」という特集記事をコピーして、封書で送りました。

あなたの大切な人を戦場に送らないでくださいと自筆で書いて。

推薦する候補者や政党名を、はがきに大量に個人で印刷して発送すると選挙違反になります。

手書きで、私信として封書で送るのはOKです。手紙文に添えて、支持政党のパンフや、リーフレットなどを添付するのもOK。但し、街頭演説でしか配ってはいけないパンフもあるので、政党に所属してる人は気をつけてください。

ポスターを貼ろうとしてる人に。選挙期間中は候補者のポスターは決められた証紙がはってあるものしか掲示できません。それ以外の候補者の顔が映ってる写真を公共の場所に張ると選挙違反になります。

電話使っての選挙活動は無差別にどこにしても違反にはならないはず。「戸別訪問」といって、無差別に軒並み訪問して、候補者の話をするのは選挙違反。でも友人宅を訪問して、選挙の話や、応援する候補者の話をしても罪にはなりません。

マンションなどで、公の場所だと思って入ってビラなどを配布する時に気をつけてほしいのは、個人の部屋の入り口ではなく、マンションのロビーなども個人の居住空間とみなされること。住居侵入などの罪で逮捕されないように気をつけて。

権力側のチラシ配布には決して警察は介入しませんが、共産党、日本未来の党、宇都宮けんじ候補の運動員など、国民側の党は警察は厳しく監視することもあるそうです。

あと4日ですが、できる限りのことをしてがんばりましょう。

日本を軍国主義国にしないために、真実を報道できる自由な国にするために、子どもや家族を放射能の被害から守るために。

核兵器や戦争、原発のない幸せな国にするために。
【関連する記事】
posted by ma1115 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/306593724
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック