2014年02月09日

腐りきった「報道ステーション」よくできた捏造画像。細川の2万人の聴衆を、舛添の聴衆と摩り替えてあたかも、舛添が大人気のように見せかける。

この画像をよく見てください。聴衆の真ん中にいる候補者にモザイクをかけて隠している。

細川の聴衆を、舛添の聴衆に見せかけるあざとい「報道ステーション」の偏向報道

実はこの広場を埋め尽くす聴衆は、細川候補の聴衆。

どうみても、舛添の演説を聞きに、集まった人々のように見えますよね。

なのに、細川候補にモザイクをかけ、すぐその後に、舛添候補をアップして、いかにも舛添に絶大な人気が出ているかのような印象を都民、国民に与えようと画策している。

マスコミにあるまじき捏造報道。


こんなことまでして、人気の落ちた、舛添の支持率を高め、新聞には「舛添優勢」などと書いて都民を欺くマスコミ。

ひどいです。

騙されないで下さい。都民の皆さん。

ほんとうの舛添候補の選挙演説の様子を以下の動画でご覧下さい。マスコミは何が何でも舛添を1番人気と都民に思いこませたいようですが、事実はこの動画が証明しています。

実際に舛添候補の選挙演説・周辺の様子を撮った動画

この情報を広めてくださいね。

おまけ。

宇都宮、舛添、細川、田母神4氏の政見放送ご覧下さい。

東京都知事選 候補者テレビ討論会の映像

追伸:

もしも舛添が当選したら、すぐにまた選挙のやり直しになりそうです。

そうなったら、自民党は候補者を立てることができるでしょうか。今度こそ宇都宮さんと、細川さんとの一騎打ちが実現しそうですね。

有権者に寄付行為 市民団体が舛添を「選挙違反」で刑事告発

 日刊ゲンダイ本紙が7日報じた都知事選・舛添要一候補の選挙違反疑惑が市民団体の告発に発展した。

「市民連帯の会」(代表・三井環元大阪高検公安部長)は、個人演説会で来場者に「五輪バッジ」を配っていたとして、舛添本人と演説会の受付スタッフを、公職選挙法違反(寄付の禁止)の容疑で、8日警視庁に告発状を送付したという。
 
 告発状によると、今月5日、東京都町田市のホテルで開催された個人演説会で、舛添本人と受付スタッフ数人は約500人の来場者に対し、選挙用の法定ビラと一緒に東京五輪の特製バッジ(時価3000円相当)を配布して、同額を寄付したとしている。

公選法199条2の寄付行為の罰則は、1年以下の禁錮または30万円以下の罰金。舛添がたとえ都知事になったとしても、猪瀬同様、公選法違反容疑で追及される可能性が出てきた。
posted by えリィ2009 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

舛添が都知事になったのを、実は自民党が一番恥ずかしいと思ってる。あのNHKが内緒にしてるんですもの。

地方紙でも「舛添圧勝」などと書いてるのに、都知事選挙のことなんか、なかったかのようにオリンピックばかり記事にするNHK。

田母神が落選したのが、さぞNHKの経営委員のお気に召さなかったのでしょうね。

最近、必ずテレビで見かける「永遠のゼロ」の作者の百田は、田母神の支持者ですから、宇都宮さんや、細川さんより票が少なかったのを都民に知られるのが嫌だったんでしょう。

ここまでNHKは私物化され、安部政権の宣伝機関どころか、5人の経営委員の思うがままの会社に成り果てました。「憲法改悪して戦争できる国日本」を待ち望む5人のための宣伝機関。

昨年の天皇誕生日に「平和憲法を守りたい」という天皇のお言葉をすべて放送カットした以上の偏向報道。

首都圏ニュースでもスルー…際立ったNHKの「都知事選」無視- 日刊ゲンダイ(2014年2月12日10時26分)

東京都知事選の結果は出たが、この間のテレビ報道を見る限り、「ホントに都知事選をやっているのか」と思うこともあるほど静かだった。なかでもNHKのほとんど無視とも言える姿勢は際立っていた。

例えば、朝の定番「おはよう日本」。6日の6時台と7時台の優先度の高い7項目は九州北部・四国で積雪、去年の働く人1人当たりの給与総額が前年と同額、聖火到着や浅田真央のソチ五輪関連などで、都知事選のニュースはなく、7日からの選挙制度の7党協議やベルリン映画祭開幕を取り上げていた。翌日はどうかというと、「おはよう日本」では1秒も報じなかった。

思わず、「ニュースは明日のことより、今でしょ!」と突っ込みたくなったほどだ。

で、7日に圧倒的に時間を割いたのが開会式前に競技が始まったフィギュアやモーグルなどのソチ五輪関連ニュース。現地の上條倫子アナが「たっぷりお伝えします」と前振りし、およそ13分も割いた。米欧首脳が開会式に欠席する中での安倍首相のロシア訪問、「辞職・出直し」という名の橋下徹大阪市長の“逆ギレ市長選”は伝えたものの、都知事選は音なしの構え。7時45分からの首都圏ローカル枠では取り上げるのではと期待したが、ここでも一切なし。

ここまでスルーされると、逆に「お見事」という気もしてくるが。

どこかのだれかにおもんぱかって、都知事選を地雷扱いしているようにも見える。会長が持つ編集権に影響されたのかもしれない。このまま「報道番組の国営化」が進んでいけば、受信料の支払い拒否も出てこよう。

以上サイトからの引用。

不払いしてる人が東京都でも、地方でもすでにたくさんいますね。

中学生のわが子さえ、NHKの報道はおかしいと言うようになりました。

頑固なのは高齢者や、新聞、テレビを熱心に見る世代。

ネットの情報を知らない、NHK大好きな人は相変わらず「舛添さんがやっぱり一番無難よねえ。」などと言ってます。

舛添が2度も離婚し、愛人に生ませた子供を未だに認知しないとか、実姉が生活保護を受けてるのに経済的援助をしないとか、「女は生理があるから政治をまかせられない。」などとほざく女性差別主義者だということを、NHKも知っているからなんでしょうね。

これって悪口、ネガキャンじゃないですよ。事実です。都民の多くの皆さんが知らないだけですよ。

こんな人でなしを当選させた都民の皆さん、これからどんな過酷な都政が待っているか見ものですね。

放射能汚染などなかったかのように言い、なんの対策もとらない。

福島同様に汚染されつくした大地に生きてゆく1200万の都民の命など虫けらのように思っている、利権をむさぼること意外に能力のない男を選んでしまいました。

大雪の中、必死で投票に行った人もいるのに。天に向かって唾をはいたのじゃなく、自分に向かって引き金を引いたのと同じですよ。
posted by えリィ2009 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。