2013年02月11日

フクシマはまだ終わってはいない!原発からは高濃度の放射性物質がいまも日本中に撒き散らされている!

マスコミが福島原発事故をあたかも収束したかのように扱い、昨年民主党政権が「収束宣言」したあと自民党政権もうんともすんとも言わず、東京都はあろうことかオリンピック誘致なんぞを画策し、日本の多くの人は、もう福島原発事故は過去の出来事のように思っています。

あなたもですか?

実は今も、福島原発4機すべてからは想像を絶するほどの放射性物質が撒き散らされているのです。チェルノブイリのように石棺もされずに。日本を取り囲む海はものすごい速さで放射性物質に汚染され、魚介類に蓄積されてきています。

先日は満杯状態になった汚染水を海に放出すると、東京電力が発表しました。新聞はこれについて何の記事も載せません。

今日は、原発事故問題についてオールラウンドに論じているサイトを見つけましたので、ご紹介したいと思います。政府が国民に内緒にしている本当のことをこの動画で知ってください。

「知らなくてもいい、知ってもなにもいいことはない。どうせ何もできないのだから。」とか、「放射能なんてたいしたことはない。原発がなければ不景気になる。原発反対と騒いでいる人は、電気がなくても、電気代が高くても平気なんだわ、無責任ね。」というあなたにこそ見てほしい動画です。
医師 松井英介さんのお話-「低線量」放射線内部被曝と健康

そのほかの原発事故関連の動画ご紹介。

その1 関東一円の放射能汚染の実態。ほとんどのマスコミは秘密にしていますが、ネットでは常識。

グリーンピースによる放射線調査結果〜 政府のモニタリングポストは信用できない

グリーンピースが計測した結果は政府発表よりずっと深刻で正直。以下は東京の市民団体が調べた土壌の汚染状況です。東京には汚染物質が道端に落ちている。

高濃度セシウムに汚染された「路傍の土」情報

東京の放射能汚染はチェルノブイリ時の1000倍だった

福島事故はチェルノブイリ事故よりずっと汚染範囲が広い

東京駅プラットフォーム、なんと驚きの4.88μSv/h!

赤旗のみが発表しました、今も放出中の放射性物質の量。原子炉はメルトダウンした後、再臨界は確実ですね。手のつけようがないところまで来てる。

福島原発 放射性セシウム 毎時1千万ベクレル放出 東京電力発表

実は大変多いんだって、首都圏での突然死。

報道では語られない突然死の増加

その2 以下は海外の科学者・動画からの警鐘。

バンダジェフスキー博士が会見〜内部被ばくへ警鐘

チェルノブイリで起こったことは日本でも確実におきます。レベル7では済まされない。福島事故はいまも、刻々と進行中。首都圏はロシアのキエフと原発までの距離がほぼ同じだそうです。

チェルノブイリ原発事故ではちゃんと責任者が裁判で裁かれ、刑事罰を受けました。

日本では事故を起こしても誰も裁かれず、悠々と引退して豊かな退職金で暮らせます。放射性物質は「無主物」ですから裁判でも有罪にはならない。これではまじめに原発の安全を考える電力会社の責任者はいない。事故が起こっても国が賠償してくれる。

それが以下の動画サイトでわかります。

誰がためにチェルノブイリの鐘は鳴る

シリーズ チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告「第2回 ウクライナは訴える」

以上のサイトをすべて見て、それでも「日本に原発がなくてはやっていけない、脱原発は無責任」という人は人間ではない。

知ったからには後戻りできません。お隣の人やお友達に伝えて。新聞やテレビばっかり見てるとおかしくなっちゃうよと。

みんなで大きな声で原発に反対しましょう。

その3、福島で子供たちの甲状腺ガンが急増。

福島の子供たちに甲状腺ガン10人の可能性

東京電力福島第一原発事故の発生当時18歳以下だった子どもを対象に実施されている福--島県の甲状腺検査で、新たに2人が甲状腺がんと診断されたことが、13日の県民健康-管-理調査の検討委員会で報告された。


昨年9月に判明した1人と合わせ、甲状腺がんと-診断-された子どもは3人になった。このほか、7人に甲状腺がんの疑いがあり、追加の-検査を-行う。  


今回、公表されたのは、2011年(平成23年)に先行して甲状腺検査をおこなった1--3市町村の3万8114人の調査結果。結節(しこり)やのう胞などが見つかり、二次-検-査を受診した162人のうち、昨年9月に甲状腺がんと診断された1人を含む計3人-の甲-状腺がんが確定した。3人は既に手術でがんを摘出し、通常の日常生活を送っている-という-。
 

がんを見つけるための細胞検査をした子どもは76人で、そのうち、がんが確定した3人--を含む計10人が悪性(甲状腺がん)と診断される。10人の内訳は男性3人、女性7人で平-均-年齢15歳。まだ、甲状腺がんかどうかが分かっていない(可能性があると診断された)7人の確定診断は、摘出手-術な-どの後になるという。

細胞診断の誤差は上下10%で、最低でも8割程度が、がん-と診断-される見込みで、最大10人に増える可能性がある。
 
それなのに、検討会後の記者会見で福島県立医大の鈴木真一教授は、「チェルノブイリで甲状腺がんが--発症が増加したのは、原発事故後4〜5年経ってから。元々あったものを発見した可能-性-が高い。(原発事故との因果関係は)考えにくい」と語った。

鈴木教授や検討会では-、こ-れまで、子どもの甲状腺がんの発生頻度は100万人に1人程度と説明していた。

こんな高確率でがんになったのに、原発事故が原因と考えにくいといっています。嘘つきですね。-4〜5年たたないうちに高確率でがんが発症したということは、チェルノブイリよりもずっと早く汚染が広がっていると普通は考えるべきではないでしょうか。

(別の話ですが、福島原発事故を仕切った前所長の吉田さんが、事故の前年まで定期健康診断で何も異常がみつからなかったのに、原発事故後、食道ガンや脳梗塞を発症して苦しんでいらっしゃる。それでも事故の被曝が原因ではないと東電や治療している医師はマスコミに伝えています。)

また、-チェルノブイリで、甲状腺がんヨウ素被曝によるとの因果関係を証明した福島県-立医大、山-下俊一副学長は、自身の論文と矛盾するのではないかとの質問に対し、今回の-ような精度-での疫学調査は前例がなく比較できないと回答した。

嘘の上塗り。チェルノブイリで精査・研究して結果を学会に発表した本人が一番、嘘をついていると分かっているはず。

すでに福島県は、子供たちの学校給食に放射性物質入りの地元食材を使うことを決めたそうです。

許容範囲を決めるのはお役所ですが、食べても絶対安全なんて誰にもいえません。基準を決めたお役所の人やそれを認めた大臣は地元で暮らしたり、地元食材を食べる勇気などない人たち。

きっと身内は海外や他県にいる。子供や孫が福島にいたら平気でそんな暴挙はできない。原発事故を終わったと見せかけて、早く原発を再稼動したい人たちが権力を握っているからそんなことができるんです。

政府は福島の子供たちになんの手立てもせず、新聞もテレビもこんな重大なことを記事にしないなんて、この国は狂っている。

その4、福島の子供たちを守るために、集団で疎開をさせようという裁判が始まっています。ご存知ですか。

マスコミは取り上げませんが、今も原発から垂れ流しの放射性物質の被曝から子供たちを避難させるために、粘り強く戦っている人々がいます。

ふくしま集団疎開裁判 ブログ

「食べて応援・絆」などと信じ、すでに事故は収束したと思い込んで、福島産のお米や農産物を進んで食べてあげて被曝し、病気になっても本当に福島を応援することにはなりません。

子供たちを安全な場所に移したい、安全な食べ物を送りたい。

あなたもできることから何か始めませんか。

そして、正しい情報を得て、できる範囲で周りの人に伝えましょう。福島原発事故はまだ終わっていない。さらに汚染は広がり、被曝による被害は拡大しつつあると。

こんな危機的な状況で、まだ「原発を増やそう。」とか、「海外に輸出しよう。」なんていう人、狂ってますね。推進したい権力者たちだけが、現実を知らない。自民党が政権を握っている限り、福島の放射能は日本を汚染し続け、さらにほかの原発事故で苦しむ地域が出ることは必至です。

自民党政府が原発にいっそう依存した経済をおしすすめようとする今こそ、私たち国民がめざすべきこと。

この動画を見て、一緒に考えましょう。

元東電社員、木村俊雄氏=原発を知りつくした男が語る

「原発がなくても必要な電気は作れるし、心豊かな社会はきっと作れる。」 福島原発の炉心を設計し、動かしていた人がそう言ってます。
posted by えリィ2009 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発事故・原子力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。