2012年12月02日

脱原発をいう政党はたくさんあれど、本当に成し遂げる政党はこれだけ!嘘つきマスコミに騙されないで賢く情報集めよう!

腐りきった読売新聞、さかんに嘘報道を撒き散らします。

その1「日本未来の党は小沢さんの政治主導。」嘉田党首は飾り物で、本当のボスはあくまでもダークな小沢さんというイメージをしつこく書く。

その2「嘉田党首は原発再稼動を容認する発言をし、すぐに翻した。」日本未来の党の脱原発の公約がいかにも信用できないようなイメージをしつこく書く。

どれだけ、自民党や財界のお金をもらってるんでしょうね。恥知らずな記事ばかり書く読売新聞。

読売新聞以外の多くの新聞も言ってます。ネガキャンの一番笑えるものは「滋賀県の県政をないがしろにして、国政に首を突っ込むなんて県民は迷惑。」

橋下さんが大阪市の政治を放り出して維新のための遊説をし、1日も市長としての仕事をしないのを棚に上げる新聞、何をかいわんや、です。

時事通信の言うこと全て信頼できるとはいえませんが、以下に日本未来の党の選挙公約を紹介してみます。読売新聞の言うとおりかどうか、あなたがご判断ください。

未来公約要旨【12衆院選】  時事通信 12月2日(日)16時9分配信

日本未来の党が2日に発表した衆院選公約の要旨は次の通り。

【卒原発】 10年以内に原発完全廃炉
▽既存原発の稼働停止・廃炉計画策定、新増設を禁止
▽高速増殖炉「もんじゅ」、青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場を即時廃止
▽電気料金値上げ抑制のため交付国債を発行
▽発送電分離など電力システム改革。
 

【財政】 消費増税法を凍結
▽特別会計の全面見直しをはじめとする政治改革・行財政改革・地域主権改革によって財源捻出
▽国の補助金と政策経費は原則、自主財源として地方に交付。
 

【社会保障】子ども1人当たり中学卒業まで年間31万2000円の手当支給、一部は「子育て応援券」を出す
▽税財源による最低保障年金を創設、国民年金を含む年金一元化
▽後期高齢者医療制度の廃止。
 

【教育】高校授業料無償化を堅持
▽いじめ撲滅に向け小中学生への「心の教育」実施。

【農業】戸別所得補償を維持。

【経済連携】環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に反対
自由貿易協定(FTA)、経済連携協定(EPA)を積極的に推進。
 

【外交・安全保障】日本版NSC(国家安全保障会議)を創設
▽安全保障基本法を制定。
 

【その他】配偶者暴力に対し刑事罰を科すよう法改正
▽司法官僚による国民の権利侵害を止めさせる措置を早急に講ずる。

以上おおまかな柱をご紹介。

「卒原発」について。原発の再稼動はしないと嘉田党首は言っています。いろいろな新聞が彼女が再稼動を容認し、すぐ次の日には反対したと言っていますが、嘉田さんの発言を一部だけ切り取ったテレビニュースではなく一連の発言を聞けば、再稼動をOKと言ったのではないと分かるはず。

誤解を招く言い方だったと次の日に発言しておられるのを見てもあきらか。

ネットサイトにも、ツイッターにも、「嘉田知は大飯原発再稼動を容認した人、本当に原発をやめるのかどうか怪しい。」と書いてる人もいますが、彼女は大飯原発再稼動に最後まであきらめず反対した人です。

彼女は関電や政府に「もしも電気が足りなくなって停電となったら責任が取れるのか。」と脅されたとはっきり公表しました。かなり勇気のいる発言だと思いませんか。買収されておとなしくなる知事だっているんですよ。

私は嘉田知事や日本未来の党を支持する者ではありませんが、テレビも新聞も、ネットやツイッターでさえ、よってたかって日本未来の党に攻撃を仕掛けているのを見ると、人気急上昇のこの党が本当の意味での第三極になるのを、マスコミとその後ろ盾になっている財界が妨げようとしているに違いないと思います。

すでに私のブログで今までさんざんお話したように、今回の選挙の本当の焦点は「原発、消費税、TPP、外交問題(含む核兵器保持、徴兵制、防衛、憲法、米軍基地問題)」です。それを抜きにして経済発展や景気回復など論じても無駄。

ところがそれをはっきりさせると自民党、民主党は票がとれない。だから維新などという別働隊を作って、国民の意識を「国防」にそらし、中国共産党に対する敵愾心を煽って、日本共産党へ票を入れさせないように画策してきました。

ところが今度は、卒原発(段階的に原発をやめていく)というまっすぐに国民の願いを反映させる政党が生まれ、あっという間に無党派の人々の心をつかんでしまいました。本当かどうか分かりませんが、ネットでの政党支持率は日本未来の党が50パーセントを超えたって。(もちろん大手の新聞は例によって0に近い数字を出してます。)無党派の票が動きつつあるとツイッターでは言われています。

一番あわてているのは財界、原子力ムラよりも官僚、その後ろにいるアメリカ。

財界はお金をばら撒いて国民の生活が第一の時のような「完全無視」ではなく、徹底的に捏造記事を書いて「にわか仕込の党首は政治手腕がなく小沢さんの独断場、卒原発など信用できない。」と国民に吹き込むことをはじめました。

一方、TPPについて立場を明確にするなとアメリカに言われ、民主党は公約に積極参加を明記しなくなりました。自民党は参加は慎重にといいながら虎視眈々と参加を狙っています。

維新の会、石原党首は絶対原発推進と言ってるのに、橋下代表代行は破廉恥にも公約に「原発はフェードアウト」なる言葉を使って国民を欺こうとしています。原発は自然になくなるとでも言うのでしょうか。

国民の脱原発の意思をとうとう侮れないと思った民主党、公明党は「遠い先には原発をやめる」公約を出してきました。

さて皆さん、こんなにころころと大事な選挙公約を変え、原発をやめる年限を曖昧にしたり、2039年とか10年先とかいう政党の公約を信じる気になりますか?

確かに日本未来の党も素敵な公約を出しています。

でも日本未来の党よりもずっと前から日本未来の党とほとんど内容が変わらない公約、もっと分かりやすくてもっと進んだ公約を、最初から全く変えることなく出している党をご存知ですか?

独善的、偏ってる、共産主義は怖い、共産主義は独裁政治、名前を変えたら少しはみんなに支持してもらえるかもといわれているあの党ですよ。

90年の間、ほとんどの日本人が埋め込まれてきた洗脳をとくのは容易ではありませんが、時代は進んでいます。

かつて差別と偏見の象徴だった同和地区から大阪市長さんが選ばれ、日本の総理大臣になってほしいというほど人気の的になっているのはその証ではありませんか。

本当の共産主義の意味が何たるかを知らないでいて、日本共産党は嫌だ、財産没収、言論の自由がなくなるなんて愚かな妄想をしてる人が前世紀の遺物と呼ばれる日は近いでしょう。

維新の会は、相続税100パーセント。(この公約は最新のには載っていませんでした。)消費税11パーセント増税、最低賃金を撤廃(つまり680円でなく、時給300円で働かせても違法にならない)、非正規雇用の枠をさらに増やし、企業が安心して低賃金で不安定な労働者をたくさん使えるように法律を整備するって。そのほうが大量リストラを防げると。

自民党は、基本的人権の尊重の項目を削り、憲法を改悪して自衛隊を軍隊にする。維新と一緒になって徴兵制をしき、若者に有無を言わさず人殺しの訓練をさせ、体を鍛え、権力に盲目的に従属する心を養う。

こんな党が、平成の維新を成し遂げる党、自由で民主的な党といえるでしょうか。

日本共産党は共産主義と誤解する人が多いから名前を変えたらという人に聞きたい。

看板さえ付け替えたら、国民はわんさか押し寄せてくるでしょうか。そんなに日本国民は愚かな人ばかり?

自民党、維新の会と同様な、すばらしい名がつけば、すばらしい政治をやってくれると信じる?

国民の生活が第一という名前が、日本未来の党などというと素敵な名前に変身したから、もう嫌いな小沢さんのイメージがなくなったから、あなたは支持するの?

日本人を、自分自身をそんなに馬鹿にしていいんですか?

名前で、名前だけで政党を選ぶ人がもしいたら、日本は滅亡に向かってるとしか言いようがない。

私たちは、決してマスコミの捏造に騙されず、党の公約をよく読んで、実態をよく調べて、それぞれの政党に信頼が置けるかどうかを決める知恵を持っているはず。

諦めずに探しましょう。正しい情報源と、共有する仲間を。
posted by ma1115 at 22:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

総選挙で真に問われるもの。あなたとあなたの大切な家族の命を守る選択を。

選挙カーが候補者の名前を連呼する季節がやってまいりました。(笑)

最近はあちこちで政治を語る「女子会」なるものが作られて14もの政党が何を一体私たちに公約してるのか勉強する人たちが現れました。

今まで全く政治に無関心だった人、関心はあるけどいったいどの政党がほんとのことをいう政党なのかが知りたい。

たぶん男どもは、正社員なら企業戦士として洗脳されて、それぞれの企業の推す候補に入れないと生きていけない。企業に飼いならされすぎている。

かつて強い力を持ってた労働組合は、小泉改革で非正規雇用が常態となり、組合に入らない人のほうが多くなってしまった企業にはあってなきがごとし。会社に養われている男の人には、自分の意志で日本を良くするための候補を選ぶなんて気概はさらさらない。

今こそ女の底力を見せる総選挙。

今回は、私の持論ではなく、私のツイッターのホームによくツイートして下さる方のお話を紹介させていただきます。あなたやあなたの属する女子会に広げてくださいね。このままコピー大歓迎。

慶応義塾大学経済学部教授 金子 勝さんに聞く「総選挙で真に問われるもの」

(前略)「経済発展のために脱原発しよう」というのが私の主張です。原発にしがみついていると、新たな産業が興らない。原発は止めていてもお金がかかるんです。止めていても危険だから冷やし続けて管理しなくちゃいけない。メンテナンスコストと維持管理費用と原価償却で福島の第一、第二原発だけで900億円ぐらい使っています。

原発がある限り、エネルギー転換や省エネ、創エネ、蓄エネなどの新しい技術や産業、雇用は生まれてこないのです。だからどんどん競争力が落ちていく。

そんなことはやめて、もっと小さい規模でコンピューターのネットワークでつなげば十分だということは、コンビニを例にとってみると分かりやすいと思います。小さな店舗でも徹底的に消費者の動向、ニーズを分析すれば余分な在庫をかかえずにすむことができているのです。

地域分散のネットワーク型経済にシフトしていくというのが21世紀型の未来の姿です。

「小泉構造改革」以来、規制緩和や民営化政策で雇用もくらしもずたずたに破壊されてきましたが、民主党政権はその反省もなく同じ路線を続けています。

消費税の問題もあるけれど、私は医療や福祉をただ民営化すればいいということでは、仮に増税が必要だとしても、納得できる説明がありません。

むしろ現物給付の医療、介護、育児、教育を充実させた方が、その分野で女性の雇用も増えるでしょうし、同時に女性が働きやすくなります。

消費税を5%から10%まで次々と上げるというのでは、かけこみ需要の後、急激に経済が沈んでしまい、それほどの税収は増えないでしょう。

自民党が言うように、200兆円の国土強靱化法案で公共事業やりますと消費税を上げられたらたまったもんじゃありません。

政策なしに飛びつくマスコミ

日本のマスコミは「第三極」報道を繰り返しています。自民党の総裁に安部晋三氏が選ばれ、東京都知事だった石原慎太郎氏と橋下徹大阪市長が組んで「日本維新の会」を作りました。

「ワシントン・ポスト」にしろ「ニューヨーク・タイムス」や{CNN」(アメリカ合衆国のケーブルテレビ向けのニュース専門局)にしろ、海外の主要メディアは、石原氏や安倍氏の名前をあげて、「日本の右傾化」「日本はこんなに政治が劣化しているから経済も衰退するだろう」などと報じています。

そもそも石原都政がやったことは、ほとんど失敗しています。新銀行東京に税金をつぎ込んでも経営は改善できず、築地市場の移転先とされる豊洲は土壌汚染がひどかった。オリンピック招致も失敗。

当たり前ですよ、平気で「三国人」なんていう人種差別主義者が、アジア・アフリカ諸国から支持されるわけがない。その失敗をカバーするために尖閣問題をあおったのです。

しかも野田首相が中国の胡錦濤(こきんとう)総書記(当時)に「国有化しないでほしい」と言われたのに、三日もたたないうちに国有化発表ですから、日本製品が中国市場から排斥の対象になってしまいました。

メディアは責任を追及せずに、石原氏や橋下氏をスター扱いして、政策なしの野合みたいなものに飛びつく。「第三極、第三極」とマスコミが民主、自民、公明、維新の会に意図的に持って行きましたが、みんな「右」でそれほどの違いはないわけでしょう。

メルトダウンを隠してしまった状況と同じで、本質的なところをはずして選択させるという、メディア政治の悪弊が出ていると思います。

カギを握るのは女性

こんな状況ですから、それに対抗するメディアが必要です。原発にしろ食の安全にしろ、女性の方が敏感で身近にとらえています。

児玉龍彦さん(東京大学先端科学技術研究センター教授)も「おかあさん革命」と言っていますが、まさに、いわゆる普通のお母さんたちが地域で線量を測って原子力ムラのうそを暴き、官邸前の行動にも立ち上がってるじゃないですか。

これまで政治から排除されてきた女性たちが政策勉強会やネットを使っての発信も始めています。

カギを握っているのは女性です。

以上は新日本婦人の会発行の機関紙「新婦人しんぶん」からの抜粋です。新婦人しんぶんさん、金子さん、私のブログで紹介させて下さってありがとうございます。

是非全国の女性の皆さん、この話題を広めてくださって、「女子会で政治を語ろう」運動を進めていただきたい。

会社人間は会社組織から抜けられない。お金で選挙の票を売る人がほとんどだと思います。

原発立地自治体(島根県では松江市、鹿島町)に住む友人は言ってました。

「原発があって嬉しい、原発が本心から安全だなんて思っている人はここには一人もいない。でも安全だと思いこまなければここに住めない。原発に反対する人は地域全体から嫌がらせに遭い、商売がなりたたなくなる。」

彼女の地域では、原発推進派の候補への地域ぐるみ選挙。「本心では原発を作りたい、戦争をしたいという政党には票を入れたくない。でも脱原発候補、平和を守りたいという候補に入れれば、近所つきあいができなくなり、友人をたくさん失ってしまう」と。

それでも、彼女自身は今回こそは「原発推進、戦争賛成」の自民党には入れないと言ってました。

子供たちの命を守り、低迷した日本の経済を回復させるために、今こそ女性が立ち上がりましょう。

腐りきった自民党・民主党・公明党政治の膿を出し、維新の会の危険性を世に知らしめるためにできることから始めましょう。

あなたのブログやツイッターでも政治談議を。

女子会で選挙の話題を。
posted by ma1115 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

あなたはまだ信じるの?マスコミの政党支持率、予想投票率。大本営発表「日本軍の勝利!」終わってみたら惨敗したのは日本だった。歴史を振りれば真実は明白

あらゆるマスコミがまるで戦前の大本営発表のように「自民党単独圧勝!」と言ってますね。

おかげで株が値上がりし円安が進行。こんなところに新聞の嘘報道の意図があるのかも。

日本共産党はあまりの捏造予想支持率報道に、全ての新聞社に抗議を文書で発送。

日本人がいかに新聞や噂に惑わされやすいか、戦前の「日本が常勝」というデマをたやすく信じさせられたわけが分かります。なんで国民は侵略戦争を見抜けなかったのかと昔の人を批判する人がいますが、これほど四方八方「自民が圧勝」と書かれると、頭の中は「どうせ選挙に行ってもつまらないし。」となってしまいます。

自民党はできるだけ、今回の選挙に関心を持ってもらいたくない。投票率を下げれば、小選挙区の日本では第一党が絶対有利なのは分かっています。だからもう勝敗が決まったと宣伝して国民に選挙に行かせない様にするんです。

小選挙区制、政党助成金、高額な選挙立候補の供託金が、国民の意思に背くことばかりきめる自民党を安定多数にしてきた仕掛けです。

皆さん、どうせ誰にいれても政治家は嘘ばかりつくと政治不信に陥って、選挙に行かないという選択をしないでください。今度の選挙は原発なくせるかどうかもですが、あなたと大切な人の命が懸かっています。

自民党小選挙区の候補は、選挙公報に載せる公約に「憲法改悪」「軍備増強」「自衛隊を国防軍にする」を明記しません。

維新の石原さんが、街頭演説で「日本は徴兵制をするべき、核兵器を保持するべき。」と訴え、「政権を取った自民党と一緒になってやっていく。」と言ったことも、それぞれの選挙区で、維新の候補者は言いません。

あまりに過激で、そんなことを書いたり言ったりすれば、いくら地域ぐるみ、企業ぐるみ、世襲のだんさん政治の田舎でも受け入れられないことが分かっているからです。

小選挙区の田舎ではお年よりは、ツイッターもネットもしません。新聞やテレビさえも見ない人が多いので、自民党が軍隊を作るとか、徴兵制をするとかを知らないで、いつもどおりに自民に投票してしまいます。

軍隊を作るとテレビで知っても、「しかたがない、誰もが自民党がいいといってるんだから。」といいます。

国民の皆さん、本当に半数以上の人が自民党に投票すると信じますか?本当にあなたは軍隊に入って、北朝鮮や韓国や中国へ戦争に行きたいと思いますか?

本当にわが子や夫が戦地に送られても「日本の国を守るために働いてください。」といえますか?

女性も徴兵制では兵隊になります。

国民よ、本当のことを知って、周りの人に伝えてください。

新聞の言ってることは嘘だよと。

マスコミが大嘘をついている証拠を発見。以下のサイトを読んでみて。

その1、

12月9日 自・公・民推薦の現職の長崎県・島原市長が、無所属の新人に負けた。

号外!マスコミ報道と真逆が・・長崎市長選

横田氏は政党や企業など約450の推薦を集め、組織戦を展開したが再選を果たせなかった。汚職事件やスキャンダルもないのに、現職の市長が敗れるなんて今までの日本にはありえない。

その2、
12月3日 三重県、桑名市長選挙結果、日本未来の党所属候補が、現職を3倍近い得票で破る!

正しい情報を探すブログ

「ここからが新しい歴史」 桑名市長選初当選の伊藤さん

42352票 伊藤 なるたか(前回17486)
36 男 無所属 新 無職 前桑名市議会議員

16254票 水谷 元(前回23249)
56 男 無所属 現 桑名市長

例によってマスコミは一切無視です。

ツイッターやブログにはこの二つの選挙の結果がどんどん公表されてますが、公のサイトでは次々にこの選挙の情報が削除されてるそうです。お金がマスコミだけじゃなく、ネットにも流れてるのかな?

最後に。今からでもできる草の根の選挙活動のすすめ。

私は30人の友人に、新聞赤旗11月28日に載せられた「自民の政権公約に明記」「国防軍、名前変えるだけ?」「戦争できる国になる」という特集記事をコピーして、封書で送りました。

あなたの大切な人を戦場に送らないでくださいと自筆で書いて。

推薦する候補者や政党名を、はがきに大量に個人で印刷して発送すると選挙違反になります。

手書きで、私信として封書で送るのはOKです。手紙文に添えて、支持政党のパンフや、リーフレットなどを添付するのもOK。但し、街頭演説でしか配ってはいけないパンフもあるので、政党に所属してる人は気をつけてください。

ポスターを貼ろうとしてる人に。選挙期間中は候補者のポスターは決められた証紙がはってあるものしか掲示できません。それ以外の候補者の顔が映ってる写真を公共の場所に張ると選挙違反になります。

電話使っての選挙活動は無差別にどこにしても違反にはならないはず。「戸別訪問」といって、無差別に軒並み訪問して、候補者の話をするのは選挙違反。でも友人宅を訪問して、選挙の話や、応援する候補者の話をしても罪にはなりません。

マンションなどで、公の場所だと思って入ってビラなどを配布する時に気をつけてほしいのは、個人の部屋の入り口ではなく、マンションのロビーなども個人の居住空間とみなされること。住居侵入などの罪で逮捕されないように気をつけて。

権力側のチラシ配布には決して警察は介入しませんが、共産党、日本未来の党、宇都宮けんじ候補の運動員など、国民側の党は警察は厳しく監視することもあるそうです。

あと4日ですが、できる限りのことをしてがんばりましょう。

日本を軍国主義国にしないために、真実を報道できる自由な国にするために、子どもや家族を放射能の被害から守るために。

核兵器や戦争、原発のない幸せな国にするために。
posted by ma1115 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

日本を守るためには軍備増強と憲法改正?マスコミと自民党が北朝鮮ミサイル発射を騒ぎ立てるわけは?

総選挙も最終盤。マスコミはさかんに自民党が圧勝という記事を垂れ流し、民主党陣営のネガキャンを連日ネットでも報道。

いかに財界の100億円がマスコミ、ネットに大量に回っているかが分かります。

自民党が政権を取り戻したら、民主よりもまだまし、ではなく、憲法改悪と軍隊創設、徴兵制が待っています。3年以内に48基全ての原発を再稼動します。

世間では未だに「いくら自民党でも改憲や徴兵制までは、世論が反対してできない。」と言う人や「自民党は少しずつ原発を減らしていくといっている。」など間違った認識を持っている人が大半。

新聞もテレビも今ではそれぞれの党がどんな主張をしているかはっきり言っているのに、受け止める国民のほうが、現実を見ようとしない。

このブログを読んでいるあなたはさっそく、身近な人に「自民党を選んだら、日本は滅亡」と教えてあげてください。自民党が圧勝などと書いている新聞で「日本が軍備増強したら、中国や韓国といっそう関係が冷え込み、さらに軍備を増強して核戦争に突入せざるを得なくなる」と書く新聞などひとつもない。

戦前の大政翼賛会が、あらゆるマスコミを通して「日本を守り、アジアへの鬼畜米英の侵略を阻止するための正義の戦争」と国民を煽り立てたあの時代と、今は同じ状況。

タイミングよく北朝鮮がミサイル発射寸前。自民党はこの勢いに乗って「強い軍隊で、日本を守ろう。」と言い、実は国民のほとんどが望んでいる脱原発、消費税増税、TPP反対の政党や勢力押さえ込むつもり。

追記:12月13日。

日本の新聞はしんぶん赤旗以外は北朝鮮の発射したものを「ミサイル」と書いていますが、海外のメディアはミサイルではなく「ロケット」といってるそうです。どこが違うかというと、核弾頭や爆弾を積んでいない、人工衛星を打ち上げるための装置。事実、軌道にのって地球の周りをまわっているそうです。

今朝のNHKニュースはしつこくミサイル、北朝鮮は人工衛星打ち上げに成功したと言ってます。

どっちも嘘つきなので、どっちちも信じないことにしましょう(笑)

新聞や政府が選挙前の今、北朝鮮の「ミサイル」と日本を攻撃するかのように騒ぎ立て、福島原発4号機使用済み核燃料プールで今大変な故障が起きているのに、知らん顔をするのはもちろん、国防軍の自民党を勝たせ、脱原発政党を飛躍させないため。

何も知らない誠実な若者は「日本を守る」とは自分が大量殺人者になったり、無惨に殺されたりする事だとわからずに自民党に投票する。

老人は自分が戦争に行くこともなく「今の若いモンは軍隊に入れて鍛えなおさなくては。」という理由で自民に投票。

女性は自分が戦争に兵士として借り出されるとも知らず、「いいんじゃないですか。竹島や尖閣諸島を取られたら困りますもの。」と言って、わが子や孫が戦地に送り出されるとは夢にも思わない。

北朝鮮のこの時期の「ミサイル」発射や、韓国の竹島上陸、中国の尖閣諸島奪還。これらはすべて日本が原発事故で疲弊し国力が衰えてきたと見透かして、虎視眈々と領土を狙っているという人たちがいます。

領土を奪い合って戦争して得になるのは誰ですか?戦争に勝って領土を得た国の国民じゃない。

中東などで泥沼の戦争が終わらないのは武器を売る商人、アメリカが煽り立てているから。戦争に勝って得するのは、勝った国の為政者と軍隊の上層部。彼らはさらに権勢を得て独裁政治に進みます。

国民は敵であろうと味方であろうと、肉親が殺され、家や財産が破壊され、経済はめちゃくちゃ。

日本の国を守るために軍備増強をいう自民党は、実は軍備でお金儲けしたい。自民党に献金する企業は原発で儲けられなくなったから核兵器で儲けたい。中国や韓国、北朝鮮の軍部や政府も、愚かな国民を騙してお金儲けがしたい。

それがこのごろのアジア関係悪化の原因です。&それぞれの政府の失政と独裁政治によって不況が訪れた。それを隠すための軍備増強。

戦争をしたい一般の国民はいない。戦争をしてまで守るべき領土などない。どの国も侵略のための戦争だなんて政府は国民に言わない。どの国の民も「自国を守るために軍備増強、徴兵もやむをえない、相手がせめて来るのが悪い。」と思い込まされて戦争になる。

今度の選挙は、日本を守るのではなく、あなたの家族や大切な人を守るための選挙です。決して領土を守るための選挙なんて嘘に騙されないで。

脱原発、消費税反対、TPP反対、平和憲法を守り、戦争を起こさない。

そういうマニフェストを90年貫いている党は、これだけです。

「日本共産党」

共産主義になったら1党独裁、北朝鮮のようになるぞという脅しを、ミサイル発射の記事を読ませて洗脳するマスコミに騙されてはだめ。選挙目当てのだましといわれても、馬鹿正直に言い続けます。

日本共産党は1党独裁をしません。自由な経済活動を促進します。思想信条の自由を尊重します。日本国憲法遵守の党です。

日本共産党は世界のどの共産主義の党とも違います。真に自由・民主な、自民党とは真逆の党。

雨後のたけのこのように林立した政党が次々とくっついたり離れたりする中で、90年間も同じ主張を繰り返してきた政党はこれだけ。ワンパターンなのがいいんです。

脱原発からころりと推進、徴兵制、核兵器保持賛成、最低賃金制を廃止といったとたん大ブーイングされ、曖昧な言葉に代えて支持者をごまかす維新。

選挙公約には書いてあるのにテレビでも言わないし、広報にも「憲法改悪、国防軍」を書かない自民党。

2039年までには原発ゼロなんていって、3年前の消費税に続いて、しゃあしゃあとして嘘を公約に載せる民主党。野田さんは脱原発は閣議決定したと嘘をついています。サイコパスですね。国民を馬鹿にしてる。

こんな政党の間をぬって出現した日本未来の党。できたばかりなので、どこまで卒原発が実行できるか未知数です。未来の党に入れるくらいなら、日本共産党に入れるほうがずっと確かなのに、深読みする人は「共産主義アレルギーがあって日本人はなかなか票を入れないだろう。過半数を取れなくては自民党を勝たせてしまう。」と考える人が未来に入れるらしい。

どんなにいいこという政党でも、選挙で勝たないと意味がないそうです。

原発やめたい、消費税反対、TPP反対、平和な日本を望んでいるのに、なぜ「共産」という言葉だけで嫌う人が多いんでしょうね。

瀬戸内寂聴さんはおっしゃってます。

「共産党という名前を変えなくてよかったね。」と。

90年の間、この名前で差別を受け、虐げられてきた党。政党助成金を受け取らず、政治献金も受け取らず、パーティ券など売らず、馬鹿正直に、愚直に信じる道を歩んできた党です。


常に弱い人の味方の党、社会の底辺にいる人の立場に立ち、金持ちや権力者の横暴を許さず、命を一番大切にする政策を掲げてきた党をみんなで大きくしていきませんか。

マスコミが国民を洗脳し、有無を言わさず格差社会に落としいれ、軍国主義の道に引きずり込んでいる今こそ、真に国民のために働く政党を選んで、大きく育てようじゃありませんか。
posted by ma1115 at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

なんかおかしいこの選挙。民意とはかけ離れた結果。その理由は?

軍国主義、独裁政治日本!自民単独で何でも決められる政治。

憲法改悪、国防軍創設、基本的人権はなくなる。消費税増税10パーセント以上。原発は全て3年以内に再稼動。もちろん島根原発も稼動。維新と連携して徴兵制。原発の放射能におびえながら、原発の関係者だけが儲かる。法人税と所得税まけてもらって大金持ちだけ儲かる。

不景気でやむを得ず軍隊に入った貧しい若者は、軍隊で鍛えられて、何も考えず権力にしたがって、ロボットのように海外の人民を殺戮する道具になる。

極端な話ではなく、これから始まる現実。暗黒の時代の幕あけ。景気はどんどんわるくなり、企業は倒産、軍隊だけが就職口。

国民がそれを選んだのだからという人に。

12月の衆議院選挙の結果がウィキペディアに載っていましたのでご報告。いろんなサイトでの数字が飛び交っていましたが、ウィキペディアでの数字を採用させていただき、訂正します。

第46回衆議院議員総選挙結果  ウィキペディア

投票率が59.32%と過去最低の総選挙となった。前回総選挙と比較すると10ポイント近い下落となった。

自由民主党の圧勝となったが、比例代表の獲得議席や得票率では議席配分比ほどの大差とはならなかった。実際、自民党の比例代表の議席は前回総選挙と比較しても2議席しか増えておらず、比例の獲得票自体は減少している。これは、政党の乱立により民主党や第三極の各政党がそれぞれの小選挙区に候補者を擁立したことで票を食い合って共倒れとなったことが自由民主党に利したためと分析されている。

以上ウィキペディアより引用。

全国の比例得票数、自民党は1662万票で、05年の2588万票を大きく下回り、09年の歴史的敗北1881万票にも及びません。マスコミが総力を挙げて創り出した世論、低投票率への誘導が自民党圧勝を演出。

ちなみに 自民党が獲得した票数は小選挙区では26%、比例区でたったの17%だって。

選挙権を持つ人のなんと4分の1で、3分の2の議席をとれる選挙制度の理不尽さ。

1票の重みの違いが憲法違反だとして、今、17の都道府県で弁護士が裁判をおこしかけているそうですが、こんなおかしな小選挙区制をほうっておいたら、ごくわずかの人数で、自民党が国会を独占するのは目に見えています。この制度こそをかえなくては。

次に、時事通信が言ってます。

自民党は4割の得票率で8割の議席を獲得。

今回の衆院選で各党の得票率と議席占有率の関係を300小選挙区でみると、自民党は43.0%の得票率で237議席を獲得、占有率は79.0%に達した。

一方、民主党の得票率は22.8%と自民党の半分程度だったが、獲得議席数はわずか27で占有率は9.0%にとどまった。票差以上に議席数の差が開き、政権交代を起こしやすい小選挙区制の特性が浮き彫りとなった。
 
一方、比例代表では、自民党が得票率27.6%で議席占有率31.7%、日本維新の会が得票率20.4%で占有率22.2%、民主党が得票率16.0%で占有率16.7%と、得票率がおおむね議席占有率に反映された。以下、獲得議席順に公明党は得票率11.8%で占有率12.2%、みんなの党は得票率8.7%で占有率7.8%となった。

小選挙区と比例代表を合わせた自民党の獲得議席数は294となり、定数480に占める占有率は61.3%で、2005年の郵政選挙(61.7%)に迫る高水準となった。
 
一方、民主党は57議席で占有率は11.9%。前回衆院選では308議席で占有率は戦後最高の64.2%を記録したが、今回の惨敗で一転、議席数、占有率ともに1998年の結党以来、最低となった。

小選挙区で落選候補に投じられ、有権者の投票行動が議席獲得に結びつかなかった「死票」は、全300小選挙区の合計で約3730万票に上った。小選挙区候補の全得票に占める「死票率」は56.0%で、前回の46.3%と比べ9.7ポイント増となった。

得票率と得票数ってどう違うのか私には理解できません。ウィキには小選挙区の得票数が2600万票なのに、得票率は43%、比例代表の得票数は1700万票なのに、26%となっています。


もう一つの不可解。

どこの投票所も今までになく混雑しているというのに、テレビでは投票率低下という結果。投票率をあげるのが政府の仕事なのに、早々と5時には扉をしめてしまった投票所が福島県などたくさんあったそうです。

田中龍作ジャーナルより転載します。

投票時間繰上げ】 全国1万6千ヶ所で 自・公が得するイカサマ選挙の匂い

地方紙や全国紙地方版などから、投票時間繰上げのニュースを拾ってみた。

福島県―県内の全投票所(1312ヶ所)で1時間から最大4時間繰り上げ(100%)

福島県で全市町村繰り上げるのは、この衆院選が初めてのようだ。その他、東北各県で繰り上げが目立った。また関東では群馬県は県内99%の投票所が繰り上がるなど福島県に次ぐ多さだ。

秋田県―県内85.05%の投票所で繰り上げ
岩手県―県内64.47%の投票所で繰り上げ
宮城県―県内57.18%の投票所で繰り上げ
山形県―県内13.39%の投票所で繰り上げ
青森県―県内6.1%の投票所で繰り上げ
群馬県―県内99%の投票所で繰り上げ
長野県―県内1501ヶ所の投票所中、304ヶ所で1〜3時間繰上げ。うち35ヶ所は開始も1時間遅れ
愛知県―県内1744ヶ所の投票所のうち、63ヶ所で繰り上げ
三重県―県内119ヶ所の投票所で1時間繰り上げ、534ヶ所で1〜4時間繰上げ
滋賀県―県内928ヶ所の投票所中、一部で1〜2時間繰上げ
石川県―県内525ヶ所の投票所中、110ヶ所で繰り上げ
福井県―県内413ヶ所の投票所中、63ヶ所で1〜2時間繰上げ
奈良県―県内773ヶ所の投票所中、一部で繰り上げ
徳島県―県内512ヶ所の投票所中、一部で繰り上げ
愛媛県―県内745ヶ所の投票所中、一部で1〜4時間繰上げ
大分県―県内621ヶ所の投票所中、445ヶ所で繰り上げ
    
なんかおかしいこの選挙。自民党が国民に選ばれたのではなく、国民がすすんで投票に行かず、林立する野党には票がわれ、小選挙区の死票が5割も出て、結果的に自民党に有利になったということ?

あきらめずにがんばりましょう。次回は参議院選挙7月です。
posted by ma1115 at 15:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする