2012年09月01日

もう動かさない!原発ゼロでいこう1000人集会〜省エネ・再生可能エネルギー社会を〜

山陰地方にお住まいのあなたにお知らせ。もちろん東京からでも6時間あれば駆けつけられます。脱原発・再生可能エネルギーを考えるあなたのための集会が島根県松江市であります。

3,11に行われた原発ゼロ集会より大規模になりそう。1000人は超えるとスタッフは言ってます。私も明日はお手伝いに。

もう 動かさない! 原発ゼロでいこう 1000人集会

日時 2012年 9月2日(日) 明日ですよ!
   13:30〜16:00

会場 松江市 くにびきメッセ1F 大展示場
   松江駅から、くにびき大橋をわたってすぐ。ゆっくりあるいても10分でいけます。

参加費 500円

12:00   開場
12:30  プレ企画     ステージでのパフォーマンスいろいろ
                再生可能エネルギーに関する展示
                大学生の意識調査
                震災や原発事故の支援活動
                フリーマーケット

13:10  オープニング   ゴスペルオーブによる合唱
13:45  記念講演     鈴木悌介さんによる講演
14:45  アピール
15:05  閉会
15:15  パレード
16:00  終了 

鈴木さんの講演  「エネルギーから経済を考える〜持続可能な経済と暮らしのあり方とは」
          (エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議 世話役代表)

ゴスペルオーブ  2009年井上ひさしさんの招待で山形、仙台、東京で公演。平成18年米子市文化奨励賞受賞の合唱団。迫力ある歌声が魅力。

フリーマーケット お菓子や小物、衣類の販売があります。 

託児はありませんがファミリースペースがあります。駐車場は近くで十分余裕があります。団体バスも駐車できます。

パレードのコースは30分。中国電力松江支店前をとおる予定です。鳴り物やプラカードも歓迎します。

地元の人はもちろん、中国5県、日本中の人集まってくださいね。お待ちしています。

ちなみに中国電力は2回目の夏を原発ゼロで過ごしました。あれほど節電節電と言ってたのに、新聞は全く「実は足りていた」報道をしません。幸いに中電は火力発電の燃料がかさんだための赤字にはまだなっていないということです。電力が余っていて他の電力会社へ売っているといううわさを聞きました。

それでも中電も再稼動に前向きだそうです。火力発電よりずっと原発のほうが儲かりますからね。ほとんど完成した3号機を動かさないのはもったいない?

このまま稼動させずにいて燃料代で電力料金があがるのと、稼動させて安全確保のための設備投資で電力料金があがるのとはあなたはどっちがお好き?

あるいは新聞で大々的に「燃料代で電力料金高騰」と宣伝されるのとあとでこっそりと気づかれないように値上げされるのとではどっちが納得がいく?

NHKもそろそろ報道を始めました。再稼動させないと電力会社が次々赤字になって、電力料金が値上げになる可能性が大きいと。原発推進の人や、原発問題をよく知らない人は「脱原発集会」が自分勝手だといい始めることでしょう。
posted by えリィ2009 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発事故・原子力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

福島原発、実は広島原爆の4023倍のセシウム拡散!東日本は汚染がひどすぎて住めない!

先ほどツイッターで知りました。東電はまたまた国民に大嘘をついてました。

広島原爆の168倍ではなく、4023倍のセシウムが今までに福島原発から放出されているって。

つまりチェルノヴイリのレベル7どころではない汚染。関東だけでなく東日本全体が汚染されていることになるんでしょう。本当かしら?さんざん嘘をつかれてきたので、東電の言うことなど信用できませんが。

英語版のサイトには広島原爆の4023倍の計算間違いだったと書いてあるらしいです。

「燃料代の高騰」だからといって電力料金を9月から8,9%も上げておきながら子会社から、相場の9倍もの値段で燃料を買ってた東電。これも原料を高く買えば買うほど3パーセントの利益を電力料金に載せられる総括原価方式のおかげ。

先日は東電の役員報酬が平均1300万円という発表もあったらしい。とっくに破綻しているはずの会社の役員の給料が(月給?)1300万とは怒りが沸騰して、殺人予告を出したいくらい。無一文で避難したのに、満足な補償さえしてもらえない数十万の避難民の怨念をぶつけたい。

福島原発事故は冷温停止どころか、永久に収束できないところまできているらしい。メルトスルーした核燃料はすでに融け落ちて、地下に深く沈み込んでいます。やがて地下水に到達して、川に流れ、海に流れて世界を汚染するらしい。(もう日本海側の河川にもセシウムが検出されています。)

東電のサイトには、昨年まで1〜3号機の中の様子が書いてあった壊れた原子炉内部の図が、なぜか消されてしまっています。中の様子が1年前と変わってきていて、あまりに危険で国民に公開できないのだと思います。とても冷温停止などといえないほどに。

不思議なのは、NHKを初め大手の新聞が、福島原発が今どうなっているのかを全く記事に取り上げない。もう事故のことなど忘れ去ってしまっている。というか私たち国民に早く忘れさってしまわせたい。

原発事故の危険など早く忘れてもらわないと、再稼動にならない。再稼動にならないと電力会社が儲からない。電力会社の株が値下がりする。マスコミのスポンサーである電力会社の株が下がり、儲けが少なくなるとマスコミは困る。5つの電力会社の大株主であるNHKは、電力会社に早く再稼動してもらうためにあらゆる努力をして「安全神話」を回復しようとしています。

それでも隠しおおせないニュースが一つ。福島の8万人の子供を検査したら、30パーセント以上の子供の甲状腺に異常が見つかり、一人が甲状腺がんと診断されました。いつものとおり、政府は「原発事故とは関係がない。」と言い張っています。

原発事故収束のために働いていた作業員や関係者がもう15人もなくなっているそうです。ニュースでもその何人かは取り上げられていました。いずれも原因のわからない「心筋梗塞」「突然死」。

福島県全体で、平成23年度の心臓の病気での死亡率は全国1とツイッターで流れていました。本当かどうか調べてみてください。

このような放射能汚染を知りつつ野田首相はまたも「独裁政治」。国会が空転してるのをいいことに非常事態だからと通らぬ理屈で原発推進いや、原子力ムラ当事者の3人を含めた原子力規制委員会人事を、勝手に決めてしまいました。

国会での審議もせずに、です。私たちの選んだ代表である国会議員さえ蚊帳の外に置き、やりたい放題を始めた野田独裁政権の暴走はどこまでいくのか。

多分「近いうちに」は国会の解散はありえません。不信任決議のおかげで国会が機能しなくなったのを幸いに、やりたいことをみんなやってしまおうというずる賢い野田首相、当分は「緊急事態だから。」を理由に、国会にも諮らずに自分の好きなように法律を決めてしまうつもり。

どこかの独裁国家といっしょ。解散総選挙などして支持率低迷する今、うかつに政権を奪われてはいけない。このまま「非常事態」を続けて「決める政治」をやり遂げ、一方では「原発は冷温停止」などと破廉恥に言ってのけて、福島だけでなく、日本じゅうに放射能汚染が広がっていくのを黙って放置するに違いない。
立ち上がりましょう。腐った政治、嘘つきのメディアに怒りの鉄槌を。

脱原発デモと、真実を知らせるブログやツイッターと、来るべき総選挙で、国民は自分の命と子供たちの未来を守りましょう。

こんな事実を黙ってる政府とマスコミは殺人者。ゆっくりと日本人を病気にして人口を減らすという政策を秘密裏にすすめてるとしか思えない!!!

日本語で4023倍と言ってるサイトを探しています。しばらくお待ちください
posted by えリィ2009 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

放射能汚染を食い止めるために、新しい政府を樹立しよう。急がないと子供たちの命が危ない!!!

以下の情報を1000万人に届くように拡散してください。

政府も東電も大手マスコミも「福島原発事故処理は工程表の通り順調に進んでいる」「来年1月までに低温安定化できる」と楽観的な「全くのウソ情報」を意図的に流しています。

そのために日本国民のほとんどは福島原発事故がこれほどまでに深刻な状態であることを知りません。

4−5年後に周辺住民から甲状腺がんや甲状腺異常、骨腫瘍、白血病、肝臓がんなど100万人単位のがん患者が発生しても、福島原発事故の責任者である菅・前首相、野田現首相をはじめとする民主党政治家、経産省と文科省の官僚、東電の経営幹部、大手マスコミの経営編集幹部たちは高額な退職金と年金でハッピーリタイア生活を満喫しており何の責任追及もされないのです。

我々はこんな不条理なことを許してはいけないのです。

アーノルド・ガンダーセン氏の警告

○アーノルド・ガンダーセン氏の経歴

原発のコンサルティング会社「フェアウィンズ・アソシエーツ」チーフエンジニア。元原発関連会社上級副社長。原子力工学が専門で、スリーマイル島事故の調査でも活躍した。

1)福島原発の原子炉4基から今でも放射性物質が放出されている。

2)3月中旬の水素爆発で9割は放出されたかもしれないが放射性物質の飛散は終わっていない。

3)放出を止めるには建屋を覆いかぶせるテントなどを使わない限り無理。今後も数カ月間は放射性物質が飛散するだろう。

4)炉心は溶融して格納容器の底から建屋の下にまで落ちている。日本政府は炉心を取り出すまでに今後10年はかかると言っているが炉心を取り出す技術などない。

5)スリーマイル島事故の時は燃料は溶けて原子炉の底に落ちて停まった。福島の場合は一番底までメルトスルーして建屋の下の土壌と地下水が汚染されているだろう。

一度高濃度に汚染された土壌は今後300年は消えない。

6)周辺住民の避難指示は半径20キロでは不十分。最低でも40キロというのがガンダーセンの考え。日本政府はその数字を信じようとしない。

7)ノースカロライナ大学の免疫学者スティーブ・ウィング助教授の試算では、今後10年でがんを発症する人は100万人単位になる。最初の5年で甲状腺がんや甲状腺異常が顕著になる。

次に50キロ以内の地域で肺がんの発症率が今よりも20%上昇するだろう。そして10年で骨腫瘍や白血病、肝臓がんも増えてくると思われる。

福島の現状というのはこれくらい深刻だ。

緊急処置を実行できる強力な新政権を樹立しよう!

こうなっては以下の緊急処置を実行できる強力な新政権を我々自身が樹立するしかないでしょう。

1)放射性物質の放出を直ちに止める

2)メルトスルーした核燃料の回収方法を全世界の専門家の英知で見つけ実行する

3)どれほどの資金ががかかろうと、原発から100km圏内の全住民、家畜、ペットを他県にコミュニテイごとに避難させ政府が生活と就職支援をする

4)詳細な汚染地図を作成し高濃度の汚染地域から除染を行う

5)日本全国の健康調査を長期にわたって実施する

6)農産物、水、土壌、魚などの汚染調査を実施し基準値を大幅に厳格化する

7)放射線防護法を立法化し児玉東大教授を長官に放射線防護庁を設置する

8)京大原子炉研究所小出助教を委員長に原子力安全委員会を全面改組する

9)福島原発から出た放射性物質や有害物質をタップリ含んだ瓦礫を全国に搬出せず、被災地で処分する

参考文献

1、福島原発周辺40キロの住民は避難すべきだ 米国の原発専門家が緊急警告  2011/8/16 日刊ゲンダイ

2、http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-3611.html 「日々坦々」資料ブログより転載

ガンダーセンさんのお話抜粋

「原子力発電に携わってほぼ40年になります。全米70カ所の原発で運営・管理した経験をもとにお話しします。

まず日本の方に大変重要なことをお伝えしなければならない。

それは福島第1原発の4基すべてから、いまだに放射性物質が放出されているという事実です。

3月中旬の水素爆発で飛散が終わったと考えていたら間違いです。確かに9割はあの時の爆発で放出されたかもしれない。しかし、それで終わりではない。

環境汚染は計り知れないのです。放出を防ぐには、建屋を覆いかぶせるテントなどを使わない限り無理です。物理的に阻止できるまで、今後も数カ月間は放射性物質が飛散すると考えてください。

もう一点、大事なことは汚染水が建屋の最下層から地中に流れ出ていると考えられることです。誰一人として肉眼で確認はできませんが、これは確かなことだと思います。炉心は溶融して格納容器の底から建屋の下にまで落ちていると考えられる。

日本政府は炉心を取り出すまでに今後10年はかかると言っていますが、炉心を取り出す技術などありません。

スリーマイル島事故の時は燃料は溶けて原子炉の底に落ちましたが、福島の場合は一番底までメルトスルーしたのです。

これは建屋の下の土壌と地下水が汚染されたということで、一度高濃度に汚染された土壌は今後300年は消えません。

周辺住民の避難指示は半径20キロでは不十分です。最低でも40キロというのが私の考えです。残念ながら日本政府はその数字を信じようとしません。

悲しいことです。

あまり煽(あお)りたくありませんが、今後10年でがんを発症する人は100万人単位になるかもしれません。

最初の5年で甲状腺がんや甲状腺異常が顕著になります。次に50キロ以内の地域で肺がんの発症率が今よりも20%上昇するでしょう。

この数字はノースカロライナ大学の免疫学者スティーブ・ウィング助教授が算出した数字です。

そして10年で骨腫瘍や白血病、肝臓がんも増えてくると思われます。福島の現状というのはこれくらい深刻なのです。

日本政府は十分にこのことを肝に銘じて、スピーディーな対応を取ってほしいと切に願います。」

(転載終わり)

原発推進したいアメリカさえ、原子力の専門家は正直に日本の放射能汚染の事実を伝えているのに、日本の専門家や医者、マスゴミは、原発事故を過小評価し、いまだに被曝による発病や死亡を隠蔽したり放射性物質の広大な拡散の事実を認めない。上からも下からも漏れ続けている放射能を平気で無視し、作業工程は順調などと大嘘をつき国民を欺いている。

政府が発表した「2030年代の原発ゼロ目標」に原発立地自治体は反対し、戸惑っていると日本の5大新聞、山陰中央新報にさえ書かれています。日本国民の大部分はこれから始まる、ゆっくりとした放射能汚染による殺人を気づいていない。だから未だに「交付金」「寄付金」「原発産業」がないと地方が疲弊するなどという企業の社長や自治体の町長がいるのです。

原発立地自治体の人々よ、答えてください。原発事故で汚染されるのは日本全土。なのになぜあなた方の自治体だけがたっぷりと交付金や電力会社の寄付をもらえるのですか?たくさんお金をもらえば、あなたのふるさとがここまで汚染されても我慢できるのですか?

原発がなければあなたの自治体が生きていけないようにした責任をどう取るつもりですか?孫やひ孫に、命の危険に晒されるほど汚染された空気と水と土を残してまで、今お金をもらって豊かに暮らすほうが幸せですか?

答えていただきたい。日本の未来を、数千年先の未来を本気で考えていただきたい。そんな先のことなんか知らないよと言って政権争いに狂っている自民、公明、民主、日本維新の会のような浅ましい生き方のまねしないでください。

全国の皆さん、4〜5年を待たずに日本には放射能汚染と食物による内部被曝であらゆる病気が蔓延します。福島原発からの直接の放射性物質に加えて、被災瓦礫の焼却灰で全国民が内部被曝する危険もあります。

新聞やテレビが言わない事実を広く世界に訴え、子供たちの未来のために、すみやかに原発ゼロを進める政府を作りましょう。
posted by えリィ2009 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発事故・原子力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

これからの日本はどうあるべきか。一緒に考えましょう。どの政党が国民の声を真摯に受けとめてくれるか、パブコメこそ試金石!!!

あまりにもマスコミがえこひいき。連日維新と民主、自民のことを取り上げるのに、まるでそんな党なんか日本に存在しないかのような扱い。

ツイッターやブログでは新聞もテレビも不自然なほど「国民の生活が第一」を無視とみんな言ってます。これほどマズゴミが無視するってことは、きっと国民の意見を良く聞いてくれるいい党に違いない、、そんな気がしてきました。

そこで、さきほど「生活」のホームページにあった「ご意見募集」欄にご意見を送ってみました。あなたもここからバブコメ送ってみてね。

「国民の生活が第一」の基本政策 検討案 ご意見募集!

私が送ったのは以下の文章です。昨日の文章と違う大切な内容も付け加えています。

「国民の生活が第一」への意見

○ 福島原発事故の現状報告

1)福島原発の原子炉4基から今でも放射性物質が放出されている。

2)3月中旬の水素爆発で9割は放出されたかもしれないが放射性物質の飛散は終わっていない。

3)放出を止めるには建屋を覆いかぶせるテントなどを使わない限り無理。今後も数カ月間は放射性物質が飛散するだろう。

4)炉心は溶融して格納容器の底から建屋の下にまで落ちている。日本政府は炉心を取り出すまでに今後10年はかかると言っているが、炉心を取り出す技術などない。

5)スリーマイル島事故の時は燃料は溶けて原子炉の底に落ちて停まった。福島の場合は一番底までメルトスルーして建屋の下の土壌と地下水が汚染されているだろう。一度高濃度に汚染された土壌は今後300年は消えない。

6)周辺住民の避難指示は半径20キロでは不十分。最低でも40キロは必要。民主党政府はその数字を信じようとしない。

7)ノースカロライナ大学の免疫学者スティーブ・ウィング助教授の試算では、今後10年でがんを発症する人は100万人単位になる。最初の5年で甲状腺がんや甲状腺異常が顕著になる。 次に50キロ以内の地域で肺がんの発症率が今よりも20%上昇するだろう。そして10年で骨腫瘍や白血病、肝臓がんも増えてくると思われる。


以上の事実を踏まえて、以下の政策を新しい政権でただちに実行していただきたい。

○ 原発事故の真の収束と放射能防護対策(緊急に行うべきこと)

1)放射性物質の放出を直ちに止める措置をする。

2)メルトスルーした核燃料の回収方法を全世界の専門家の英知で見つけ実行する。

3)どれほどの資金ががかかろうと、原発から100km圏内の全住民、家畜、ペットを他県にコミュニテイごとに避難させ政府が生活と就職支援をする。

4)詳細な汚染地図を作成し高濃度の汚染地域から除染を行う。

5)日本国民全員の健康調査を長期にわたって実施する。福島の人の健康調査を全国どこでもできるようにし、結果を本人に知らせる。

6)農産物、水、土壌、魚などの汚染調査を実施し、国民に正直に公表する。基準値を大幅に厳格化する。

7)放射線防護法を立法化し児玉東大教授を長官に放射線防護庁を設置する。

8)京大原子炉研究所小出裕章さんを委員長に原子力安全委員会を全面改組する。

9)高濃度の放射能汚染を引き起こす可能性のある被災地からの瓦礫を全国に広げない。被災地で処分する。

10)東電を完全に国営化し、原子力損害賠償機構の運営を東電にまかせず、原発事故の完全な賠償を早期に実現する。今のような一方的な東電いいなりの賠償ではなく、厳正に第三者の審査で賠償をする。

国民の命がかかっています。刻一刻と日本人の命の安全と健康が損なわれつつあります。民主党政府はあまりにも無責任に原発事故の後始末を放置しています。

日本人全員が内部被曝で滅びてしまわないように、放射性物質をこれ以上日本中に拡散しない法律を作って厳しい罰則を設けてください。

○ エネルギー政策の転換(長期的な視点で新しい政府が取り組むべきこと)

1)原発を2030年代にゼロではあまりにも遅すぎる。遅くとも10年以内の原発ゼロを決定し、古くて危険な、活断層の上や近くにある原発から廃炉を決めて、すみやかに廃炉作業にとりかかる。しばらく残す原発と廃炉する原発を、地域のしがらみではなく客観的な基準を設けて決定する。

2)17000トン以上の使用済み核燃料の捨て場所を決める。プールと建て屋が巨大地震で倒壊してしまわないうちに、これ以上使用済み核燃料を増やさず、最終処分地を定めて、永久地層処分する方法を具体的に決定する。核燃料のリサイクルは、膨大な税金と作業する労働者の健康と命の危険を考え、中止する。

3)原発を再稼動しなくても電力は節電と既存の発電方法で足りているという事実を国民に広く認識させる宣伝をする。節電は景気や経済にとってマイナスではなく、新しいビジネスであり、これからのエネルギー政策の基幹と位置づける。

4)ゆるやかに火力発電中心から自然エネルギー発電へと移行するためのエネルギー転換計画を資源エネルギー庁が中心になって具体化する。今までの官僚にまかせず、いうなりにならず、新しい専門家を積極的に投入し、民間からの人事を重用する。

5)電力事業についての大胆な改革。

発送電分離し、廃炉する原発は国営化。電力9社は民営のまま。他の民間企業も発電事業に参入でき、国民へ直接売電できるようにする。9社の地域独占をやめさせる。

あらゆる経費の3パーセントを利益とする総括原価方式をやめ、原発安全宣伝のための広告費、自治体への寄付金、原発立地のための費用を原価とみなさない。電力料金計算に含めないように電力事業関連の法律を改正する。

原発が国営化するまでは発電しない原発も維持管理する電力会社の財産とみなし、電力会社の経営に赤字が出ないように関連の法律を改正する。

電力会社の収支決算を公表し、燃料を海外より高く買うなどの不正を行わないように政府が厳正に監査・指導する。

6)原発立地自治体には当分の間「原発交付金」を交付するが、自治体が財政的に自立できる産業を育成するための交付金に改め、原発を立地しているための交付ではないことを法律に明記する。

足りないのは電力ではない。安全・安心な電力を生みだす知恵です。この夏、それが証明されました。足りないといっているのは、今まで原発で莫大に儲けてきた電力会社と財界だけです。

新しい発電方法とその関連産業に国を挙げて取り組めば、雇用がたくさん生まれます。いつまでも人の命を蝕む原発にしがみついていることこそ、日本の景気を落ち込ませ、限りなく税金の無駄遣いをして国家財政を疲弊させていくのだと、国民はもう気づいています。

どうか「国民の生活が第一」という名に恥じない、真に国民本位の政治を行ってください。

期待しています。

以上です。

果たして小沢さんのブレーンは私の意見をどこまで聞き届けてくれるでしょうか。自民、民主、公明、維新ならこの内容は絶対無視ですね。パブコメなんか送っても無駄。「国民は素人だから国政に意見を取り入れるのはほどほどに。」と彼らの宣伝機関、読売新聞は言ってます。

自民党に原子力規制委員会人事案反対のFAXを送りましたが見事に無視されました。送った先は島根県の自民党国会議員、青木一彦さん、細田博之さん、竹下亘さん。コテコテの原発強力推進の議員(自民党議員のほとんどは電力会社からの政治献金をもらっているそうです。)に「原発反対」の理由を知らせるのも大切。 

追記:決めてはいけない政治を押し進める野田首相が、消費税増税、ACTA、オスプレイ配備の他に、本日19日原子力規制委員会の委員を正式に任命したようです。国会の同意もなく勝手に。脱原発とは大嘘で、原発推進をもくろんでいるとこれで分かります。テレビも新聞も国民には隠している。

あなたもあなたが支持する党のホームページを探してパブコメを送ってみてはいかが?

国民の意見を取り上げてくれる党こそが、これからの日本再生をするはず。

おまけ:反日デモについてのお話

実は中国も韓国も今、自国の悪い政治家たちと戦っています。反日デモの正体はそれ。

中国デモは今日もエスカレートし「日本と戦争だ、」なんていってますが、日本は冷静に対応して国際社会で中国が「恥ずかしい。」と思えるように動画やブログで呼びかけましょう。

中国語に訳せる人は、以下のことを中国の友人に伝えてください。

日本は決してあなたがたと戦争しようなんて思っていません。領土を争って戦争した結果、得をするのは誰ですか?力ずくで尖閣諸島を奪っても、あなたの国は決して国際社会でほめられない。孤立するだけですよ。

日本が今未曾有の「放射能汚染」で苦しんでいることにつけこんで、日中戦争を煽り立てる勢力と、尖閣諸島を国有化して日本を守るために憲法を改悪して、軍備増強する勢力は同じ者たち。

昔から内政に不満を持つ国民を革命やテロに向かわせる代わりに、海外を敵に仕立て上げていがみ合わせるのが独裁政治と決まっています。

中国政府、韓国政府、日本政府ともに独裁政治がはびこっている。この政治情勢はすべてそれぞれの国民をわなにはめる策略です。

エキサイトして核戦争になったら予言どおり12月24日に世界が滅んでしまいます。

どうか心を落ち着けて、それぞれに自分たちの国を良くする手立てを考えていただきたい。政治を牛耳る悪い官僚や政治屋をやっつけることこそ、今の私たちの仕事です。

と。

私たち一人ひとりは小さい。でも力を合わせて悪い政治に立ち向かって、変える力を持ちましょう。

世界は一つ、人類みな兄弟!(昔、笹川さんはいいこといいましたね。)
posted by えリィ2009 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

野田首相が総裁に再選!さすが民主党!これで日本の未来は安泰だ、、、、なんて日本人は誰一人思っていない。

BLOGOSという政治を面白く読めるサイトからの引用です。いつも他のサイトを長々と引用するのはもとのサイトが消されてしまうと困るので。長いですが我慢してください。

始まった途端に終わっていた民主党の代表選挙

やはり、予想通りの結果でした。民主党の代表選挙で、現職の野田首相が再選されたからです。

21日午後に行われた民主党代表選投票の結果は、国会議員、党員・サポーター票などを合わせた合計で1231ポイントのうち野田首相が818ポイント(66.5%)を1回目の投票で獲得しました。次いで、原口一博元総務相が154ポイント(12.5%)、赤松広隆元農相が123ポイント(10%)、鹿野道彦前農相が113ポイント(9.2%)の順になっています。

内閣支持率が20%台で、新宿駅西口の街頭演説では「ウソツキ」「カエレ」と罵倒された野田首相が、民主党内では3分の2の圧倒的多数によって支持されるところに、民意と民主党との乖離が象徴的に示されていると言うべきでしょう。

民主党の代表選挙は9月10日に告示されましたが、反野田勢力が70人以上も離党していましたから、この時点ですでに野田首相の優位は明らかでした。しかも、対抗馬が3人に分裂したため、こうなることは当初から予想されていたことです。

多少の波乱が予感されたのは、細野原発事故担当相の名前が登場したときでした。しかし、細野さんは立候補を辞退しました。このときに、代表選挙の無風が決まったと言って良いでしょう。同時に、民主党の明日も費えたということになりましようか。

たとえ、細野さんが立候補しても勝てたかどうかは分からず、細野新代表になっても総選挙を乗り切れるかどうかは疑問です。だから、細野さんは短期間での「使い捨て」を警戒して身を引いたのでしょう。

今回の結果で注目されるのは、第1に、選挙への関心の低さです。党員・サポーター票の投票総数は約11万票にすぎず、投票率は約34%にとどまりました。

野田首相に対する有力な対抗馬が存在せず、当初から無風であった今回の選挙戦を象徴するような数字です。党員や支持者も冷ややかな目で代表戦を眺めていたということになります。

民主党の活力の衰退は、ここからもうかがい知ることができます。地方や党員レベルでも、土台が崩れてしまったということでしょう。

第2に、国会議員のレベルと地方議員や党員・サポーターレベルでの得票の違いです。どちらも野田首相がトップになっていますが、対立候補のポイント獲得順が逆になっています。

対立候補として立候補したのは3人で、消費増税や原発政策をめぐって最も対立点を鮮明にしたのが原口さんで、次いで赤松さん、鹿野さんの順でした。この3人を比較すると、国会議員票では、鹿野86ポイント、赤松80ポイント、原口62ポイントの順ですが、地方議員票では、原口20ポイント、赤松18ポイント、鹿野10ポイント、党員・サポーター票でも、原口72ポイント、赤松24ポイント、鹿野17ポイントと、国会議員票の順番とは逆になっています。

反野田勢力の支持分布という点でも、国会議員と地方議員や党員・サポーターとは一致していません。国会議員は党内世論からさえ隔絶してしまったということでしょうか。

第3に、国会議員で反野田に投じた人が100人を超えていたということです。対立候補となった3人の得票は合計で114人(34%)ですから、3分の1を上回りました。

これに無効票6人と投票しなかった5人を加えれば、反野田勢力は125人になります。これが、今後の「離党予備軍」ということになるでしょう。

70人以上もの人を追い出しても、なおこれだけの反野田勢力が党内に残っていたということでもあります。前述のように、地方や党員レベルであれば、野田首相に対する批判の度合いはもっと高くなります。

野田さんが新しい代表に選ばれたからといって、民主党の前途に光は見えてきません。政権運営の厳しさは増すばかりで、新たな闇が黒々と広がっていると言わざるを得ないでしょう。

「近いうちに」総選挙もあるでしょうから、この際、反野田勢力は民主党を離れ、野田民主党とは異なる「新民主党」を結成した方が良いのではないでしょうか。国民にとってはその方が分かりやすくなるように思われるのですが、いかがでしょうか。

引用はここまで。

ネットサイトを読まなくても、巷のうわさでは野田さんが街頭演説したら怒号やヤジで演説がかき消されるほどだったと聞いています。いつものようにNHKや5大新聞は露ほども演説の様子を見せず聞かせず、いかにもすんなりと、予想通りダントツ一番、波風立たずに再選されたかのように報道しましたね。

またもやテレビしか見ない人たちは欺かれました。やっぱり何を言っても、政治は変わらない、何をしても自分たちの意見は通らず、民主党政権がやりたいほうだいでも、国民は何もモンクいわない。相変わらず支持してる勢力は強大だ、と。選挙などに行っても無駄と無力感を持った無党派層が拡大します。

そこがマスコミの狙い。

民主党政府と同様にマスコミもますますやりたいほうだいを始めています。

橋下日本維新の会をスターのように持ち上げ、毎日報道を繰りかえして人気者に祭り上げたにもかかわらず、ツイッターやネットサイトでは急激に橋下人気が低迷。中には支持率が2%と落ち込んでいるというデータを出す会社もあります。

維新八策が大きな影響。あの綱領のどこを読んでも国民のためになる、国民を大切にする政策が一つもかかれていない。マスコミに毒されている国民もさすがに、こんなとんでもない党が政権をとったら日本は破滅の道へ突き進むと気がついた。

維新は自分たちの綱領を新聞やサイトに載せないようにすればよかったのに。マスコミは国民が何も知らないうちにファシズムに突入したかつてのドイツのように、熱狂的に支持するプロパガンダだけすればよかったのに。

そこで今度は「国民の生活が第一」への嫌がらせ。支持率が低迷とか、小沢さんへのバッシングがかえって国民に人気刺激を与えると気づきました。テレビ、新聞、ネットはいっせいに「生活」のことを記事に取り上げない。100パーセントの無視を決め込む。

ツイッターでの話ですが、大手メディアはそう取り決めたそうです。どうりで最近小沢さんの言動や「生活」の綱領や政治の動きなど一切の情報が入らなくなりました。まだネットではかろうじて小沢さんの悪口記事は出てますが、Yahoo!政治などでも「生活」の支持率とか、国民の期待などは一切語られません。見事な報道規制。

NHKなどは以前からどの政党を支持するかの質問の選択肢に「その他の政党」という項目を作って巧妙に「生活」の支持率が高まっていることを隠し続けてきました。

私たち国民ができることは、今のテレビ、新聞が正しい情報を伝えなくなったと口コミで伝えること。

朝から晩までテレビづけになってる被災地のお年寄りの方々に是非伝えたいですね。今の日本の政治がおかしくなってるのはほとんどのマスコミが一部の人たちにだけ有利な、偏った情報を与えていることに国民が気づいていないためだと。

日本はこれだけ自由にどこへでも行ける社会なのに、流れている情報は金太郎飴みたいにどこも一緒。

記者クラブで発表される「来年1月には福島原発は行程表どおりに順調に作業が進み、炉心は安定した状態に回復する」とか、政府が公に発表する「20キロ半径の福島県民はもうふるさとへ帰還できる。」「原発事故の放射能で被曝したことが原因で亡くなった人はいない。」などをもうまともに信じる人はいませんが、「5年以内に10〜100万人単位の人が放射能で病気にかかって死ぬ。」とか「震災瓦礫を「絆」で分散し、近い将来日本中に放射性物質が拡散して、どこもかしこも100ミリシーベルトなんか守れないほどの被曝状態」になるなんて知らずに楽しく生きる人もたくさんいらっしゃるでしょう。

それでもいいという人はたくさんいます。知らないほうがいい、知っても、何もできずに苦しむだけなら、いっそ知らないほうがましと。

そういう福島や首都圏の人が、わが子を甲状腺被曝で病気にして苦しめているのでしょう。もうすでに福島の子供たちの半数に、前がん症状が出始めています。福島の権威ある医師たちは隠そうと必死ですが、正直な医師たちが必死で国民にこの事実を知らせようと、ブログやツイッターで呼びかけています。

政治の中に巣くう「癌細胞」=カネにまみれた政治屋を一掃することと、日本に広がりつつある放射性物質を一掃し、体を蝕む「癌細胞」を作らせないこと、どっちも早期発見、治療すれば死ぬのを防げます。

テレビしか見ない、お隣の人や、友人、家族にあなたが知ってる情報を早く知らせましょう。

正しい情報集めに役立つ新聞みっけ。東京新聞としんぶん赤旗。おすすめです。
posted by えリィ2009 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

日本人が一番総理になってほしい人=橋下?石原?安倍?そんな人選んだら間違いなく日本滅亡!

相変わらずの大嘘報道と世論操作が横行。

日本で一番総理になってほしい人が、放射能瓦礫を日本に拡散してただでさえチェルノブイリよりもひどい汚染の国土をさらに住めないようにし、徴兵制をしいて国民を残虐な戦争に駆り立てたりする?

日本は戦争への道をひた走りに走り出しました。半年前まではまさかと思うような事態が本当におこってしまいました。領土問題や中国、韓国との摩擦がなければ、誰も見向きもしなかった総裁候補。

アメリカはこの日本の政治の成り行きに手をたたいて喜んでいます。他国の戦争や内乱で儲ける国アメリカ。

安部さんが自民党総裁になったということは、憲法を改悪し、戦争ができる国にする可能性が大きい。次期総選挙は次々に党員が離反して、もう民主党は一党で独裁はできない。

自民党が再び権力を握り、民主、公明、維新が手を結んで戦前のような大政翼賛会に突っ走ります。

すでにマスコミは次の首相になってほしい人に「橋下さん」「石原慎太郎さん」を1,2位にあげて世論を操作しています。二人とも戦争をしたくてたまらない人。尖閣諸島問題に火種をつけたのはもちろん野田首相ですが、煽ったのは石原都知事。

国有化をして中国国民を怒らせ、中国から日本企業が撤退したら、不況に拍車。消費税増税で不満をためた民衆に海外への憎しみをたきつけて戦争への道を進ませようとするのに、私たちは既成政党への絶望から、安部さんよりもっと危険思想を持った政党「日本維新の会」に投票して、橋下さんという独裁者に政治の実権を握らせようとしています。

テレビと大手マスコミこそ戦争への道を開く道案内人。橋下さんがどんなにひどい政治を大阪で行ってきたか、徴兵制をうたい、放射能と毒物だらけの震災瓦礫を利権のためだけに大阪に導入し、瓦礫導入の説明会では理屈にもならない言い逃れで会場から逃げ出したことなどどんな新聞記事にも、テレビにも出さない。

脱原発、TPP参加反対、消費税増税反対、オスプレイ沖縄基地反対、護憲など国民の願いを受け止めて真摯に活動する「国民の生活が第一」の小沢さんを徹底的に無視し、民主、自民、維新以外の政党のことを全く存在しないかのような扱い。「小沢はもう終わった。」などと書いてある毎日新聞を読むと吐き気がします。

ここまで日本のマスコミは地に落ちてしまったのか。

日本中にチェルノブイリ以上の放射線が撒き散らされている事実を隠し、首都圏の人が深刻な「原発病」にかかっているのにそれを故意に取り上げない。記者クラブはすでに厳重な報道管制で、福島原発で働く人たちが大量に被曝し、亡くなったり死に至る病気に苦しんでいるのに、国民に伝えない。

いまや大手マスコミは政府と財界(電力会社)のためだけに記事を書いています。維新の会になんとしても票を集めたい。民主、自民にかわる新しい民意の受け皿として、国民が「生活」を選んでもらっては困るから。自分たちの利権が守れない。維新を国民が選んでくれれば、今まで以上に「財界中心」「アメリカいいなり」の政治をする政府に守られ、スポンサーの豊かな資金で会社が守られるからです。

NHKも、民放も、読売も、毎日も、朝日も、産経も、日経もすべて「橋下さんはすばらしい。中国やアメリカや韓国にモノが言える政治家。」政権をとったら自民党以上にアメリカと財界に擦り寄って権力を得ようとするに違いないのに。脱原発といっておきながら原発再稼動OK、経済成長といいながらTPP賛成の彼ですから。言ってることとしてることがま反対。

果たして弱いものいじめの新自由主義なるものが日本の低迷する景気を活気づけてくれるのでしょうか。

そもそも、国民は橋下さんがどんな政治をしようとしているから、そんなに首相になってもらいたいと思うのでしょう。あなたは彼の主張や維新八策がどんな内容かご存知ですか?マスコミはTPPと同じくその内容を決して国民には伝えない。伝えれば国民が離れていくことは自明の理ですから。

マスコミはひたすらかっこいい見かけ倒しの彼の姿をいたるところでお茶の間のテレビに登場させ、洪水のように「橋下さんが大人気」という言葉をあちこちにばら撒けば、国民を洗脳できると思っています。

インターネットサイトにもまことしやかに「今度の選挙では、自民が一番で二番手は維新などともてはやしていますが、騙されてはいけません。

あなたが戦争をお好きでなかったら、わが子や愛する人を戦場に送りたくなかったら、自民党はもちろん維新の会や橋下さんを選んではいけません。

声を大にして、近所の人に知らせましょう。新聞に書いてある「橋下人気」は大嘘よと。世論を作り上げるのは国民自身。いまやほとんどのインターネットの新聞さえ国民を騙します。

ツイッターや口コミで真実を知らせあいましょう。

たった7万票で政権を手中に入れ、マニフェストを反故にして消費税増税をし、財界とアメリカの一言を受け入れていったん表明した脱原発を19日間で翻して原発推進に転じ、原子力寄生委員会を国会の同意なく独断で発足させ、寄生庁を原発推進官僚で固め、オスプレイをアメリカの好きに日本の上空に飛ばして沖縄の心を踏みにじり、極めつけは国会の同意もいらず、内容を国民に知らせない秘密条約TPPをアメリカ相手に結ぼうとしている野田さんの汚いやり方を、私たちが日本中に広め、野田さんと同じくらい腹黒い大マスコミをやっつけましょう。

新聞は買わない、テレビは見ても受信料は払わない。報道内容にはいちいちクレームを。「嘘報道は聞き飽きた。いい加減、本当のことを書け」と。

嘘報道にあきあきしたあなたに事実をお知らせ。

こんな大事なことをなぜ新聞が報道しないのか。日本のメディアは腐敗しきっています

1、橋下市長に関するニュース。

橋下市長 “企業献金受けとる”  早くも「維新八策」と食い違い

2、日本に広がる放射能汚染の真実

常総生活組合の土壌沈着調査〜NHKは絶対に取り上げない関東地方の放射能汚染

福島の子供の36%に、放射線被曝による甲状腺異常

福島県の佐藤雄平知事が、3,11に驚くほどの放射線がばら撒かれていたことを政府からの情報で知っていたが福島県民に秘密にしていた。おかげで子供たちの多くが甲状腺被曝した。福島医科大学、甲状腺学会の理事長であり、福島県民の健康を守る立場にいる山下俊一氏が福島県民をモルモットにしようとしているなどをマスコミが隠蔽。

36パーセントは2012年3月の結果。最新のツイッター情報では福島の子供の半数に甲状腺の前ガン症状が出ています。チェルノブイリより進行が早い。なんの手立てもしない政府。記事に取り上げないマスコミ。

1時間あたり1000万ベクレルを今も放出する福島第一原子力発電所


前回私が紹介したガンダーセンさんの警告記事を裏付ける証拠です。あの嘘つきの東京電力が正直に告白しています。「冷温停止というのは嘘でした。実際はまだ福島原発から放射能が垂れ流し状態です。」この報道をしたのはしんぶん赤旗だけです。この事実を見てみぬふりのマスコミと政府。日本人を見殺しにする気。

東京駅プラットホームで計った驚きの放射線量

独自調査: 関東の汚染土ワースト順 データ(HPにて全件公表しております

ほとんどのマスコミは知らないふり。NHKは連日、福島でとれる作物や魚介類に放射能は検出されませんでしたと放送。白々しい。

東京新聞やしんぶん赤旗、良心ある地方紙などはなんとか福島や原発問題について事実を報道していますが、いつの日かACTAが条約批准され、真実の報道が禁止される日が来るかもしれません。

橋下さんの本当の姿については、ツイッターをお読みください。誹謗中傷ではなく彼の実像が分かります。ご本人のつぶやきを読んでください。彼に首相をまかせたら弱者きりすて、伝統文化切捨て、是が非でも震災瓦礫を受け入れて、利権で儲け、日本を放射能列島にします。徴兵制をしいて尖閣諸島も竹島も日本の領土として守ります。自分が兵隊になることは絶対ないと分かってるから。

なんでこんな人が日本で一番首相になってもらいたい人のNO1なんでしょう。なんで国民は彼の本性をしらないのでしょう。なんでマスコミの大嘘をそのまま鵜呑みにする人が多いのでしょう。インターネットをしないからといって、マスコミ報道を簡単に刷り込まれてしまう若者や老人が多いのでしょう。

素直すぎて、外国人にバカにされている日本人。
posted by えリィ2009 at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。